プレスリリース

2017年12月07日
岡三オンライン証券株式会社

国内株式取引手数料改訂約定代金20万円以下の手数料を0円に~現物20万円+信用20万円の合計40万円まで無料~

岡三オンライン証券株式会社は、平成29年12月25日(月)より国内株式取引手数料の一部改訂を実施いたしますので、お知らせします。

現物取引及び信用取引(制度・一般)において1日の約定代金合計額により手数料が決まる『定額プラン』において20万円以下の部分の手数料を0円といたします。

当社の『定額プラン』では、現物取引と信用取引(制度・一般)の1日の約定代金合計を別々に計算し、手数料を算出します。そのため、現物取引と信用取引の約定代金20万円ずつ、つまり、合計40万円までの取引手数料が0円となります。

日本取引所グループの「売買単位100株統一プロジェクト」やNISA(少額投資非課税制度)などの制度設定により20万円以下で買付けいただける銘柄が多数あります。また、当社では現在、国内株取引応援キャンペーンとして「国内株式現物取引キャッシュバックキャンペーン」も実施しております。この機会にぜひ当社でのお取引をご検討ください。

国内株式手数料一部改訂の概要

適用開始日 平成29年12月25日(月)約定分から
変更点 現物取引及び信用取引(制度・一般)の『定額プラン』において、約定代金20万円以下の部分の取引手数料を変更※

【現物取引】(いずれも税込)

約定代金 手数料 約定代金 手数料
~10万円 106円 ~20万円 0円
~20万円 216円

【信用取引(制度・一般)】(いずれも税込)

約定代金 手数料 約定代金 手数料
~10万円 106円 ~20万円 0円
~20万円 216円

※約定代金20万円以下の取引手数料は0円となりますが、発注段階では1段階上の手数料帯の手数料を一時的に拘束いたします。約定当日の17時以降に約定金額により再計算され、拘束が解除されます。

 『国内株式取引手数料』

【現物取引】

【現物取引】変更前

【現物取引】変更後

※取引手数料の改定は定額プランのみとなります。ワンショットは変更ありません。
※発注段階では、1段階上の手数料帯の資金を一時的に拘束いたします。約定当日の17時以降に約定金額により再計算され、拘束が解除となります。

【信用取引(制度・一般)】

【現物取引】変更前

【現物取引】変更後

※取引手数料の改定は定額プランのみとなります。ワンショットは変更ありません。
※発注段階では、1段階上の手数料帯の資金を一時的に拘束いたします。約定当日の17時以降に約定金額により再計算され、拘束が解除となります。

岡三オンライン証券は、今後とも価値ある商品やサービスの提供に努めてまいります。

本プレスリリースのPDF版はこちらPDF

ページトップへ