岡三ネットトレーダーシリーズ

ステップアップガイド ~テクニカル分析などの解説~

テクニカル分析基礎知識

テクニカル分析-(5)一目均衡表

デイトレードでも一目均衡表は日足で分析を

一目均衡表は、日本で生まれたトレンド系のテクニカル分析。時間を重視し、「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた方向に動く」との考えに基づいて作られています。
時間のベースとしては、「日足」チャートを用い、日数的には「9日」と「26日」が利用されます。本来、この日数には深い意味があるそうですが、簡単にいえば、「先人が検証した結果、この日数が最も効果的であるとの結論に達した」ということです。
したがって、「岡三ネットトレーダープレミアム」で一目均衡表をご利用いただく場合も、パラメータは変更せず、基本的には標準のまま使ったほうがよいでしょう。
また、現状の均衡状態は日足ベースで考える必要があるので、デイトレードで使う場合も分足などではなく、日足での分析が重要になります。

図1
一目均衡表が表示された日足例

一目均衡表は、「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」から構成されています。これら5つの値は、一目均衡表を見ている人全員が共通で認識できる数字。そのため、いわゆる節目として機能する場合が多いことが、非常に重要なポイントになります。
したがって、デイトレードの場合は、次のような使い方をします。まず、日足ベースにおけるこれらの値を認識し、株価がそれらの水準に近づいた場合に、どのようにトレードするかを決めておくのです。ただし、正確にいうと、「遅行スパン」は現在の株価を26日間過去に遡って表示しているだけですから、節目の数字としては使えませんのでご注意ください。

「基準線」と「転換線」の位置関係については、移動平均の中期線と短期線の関係をイメージするとわかりやすいでしょう。いわゆる、ゴールデンクロス、デッドクロスの概念と同様に、「転換線」が「基準線」を上まわれば買い時、下まわれば売り時と考えられます。

一目均衡表における「雲」と株価の関係

2本の「先行スパン」に囲まれた部分を「雲」と呼びますが、26日間先にずらして表示しているので、この「雲」は株価の先行きを見るうえで重要な役割を果たします。
株価が「雲」より上にあれば買いゾーン、雲より下なら売りゾーンにあると見られ、「雲」の中にある場合は、どちらになるかまだ分からない混沌とした状態だということです。

図2
株価は「雲」にはじかれたり、一気に抜けたりする

以上のような「雲」と株価の関係は、次のような例え話をすると理解しやすいかもしれません。
アニメの空中シーンで、何らかの飛行体が上昇するシーンがよく出てきます。雲の中では大きな抵抗があるのですが、それを抜けるとその抵抗が一気になくなり、太陽の光が差すといったシーンをご覧になったことがあると思います。一目均衡表の「雲」と株価の関係も、感覚的にはそのようなものです。

また、飛行体が雲の上から下降している場合、雲で一旦はじき飛ばされるシーンもよく見ます。株価もそれと同じように、買いゾーンにあれば「雲」の上限で一旦反発するかもしれませんし、売りゾーンにあれば「雲」の下限で一旦押し戻させるかもしれません。そのように考えておくと、その時、どのようにトレードするかの方針固めに役立ちます。

もちろん、必ず「雲」ではじかれるわけでもなく、場合によっては一気に抜けてしまうこともあります。それもまた相場であり、一目均衡表の数字も万全ではないということです。

ちなみに、一目均衡表は株価のみから計算されている指数であり、26日前との比較を多用しています。このため、26日前の出来高が直近の出来高と比べて少ない場合は、数値の意味合いが薄くなります。
一目均衡表だけではありませんが、数値のみを使ったテクニカル指標は、出来高の概念を使ったテクニカル分析と併用することをお勧めします。そのほうが、成功する確率は増すでしょう。

一目均衡表の「由来」や「概要」に関しては、リンク集の「テクニカルチャート解説」をご参照ください。

http://trade.okasan-online.rich-direct.jp/chart_help/frame.html

この項目は2010年5月27日のブログを元に書かれたものです。

ご注意:画面上に表示された画像に表示される個別銘柄は操作の説明上表示しているものであり、これらの銘柄の売買をいっさい推奨するものではありません。

PAGE TOP