使い方 ステップアップガイド

テクニカル分析03 ボリンジャーバンド

標準偏差は株価の変動の大きさを表す

ボリンジャーバンドは、トレンド系テクニカル分析の代表選手のような存在であり、多くの人が見ている点でも重要な指標です。チャート上に移動平均線と標準偏差のラインを描き、各ラインと株価の位置関係から売買のタイミングを測ります。

まずは、そのポイントとなる「標準偏差」という概念について簡単に解説しましょう(統計をご存じの方は、読み飛ばしてくださっても大丈夫です)。

たとえば、次のような2種類の株価の推移があるとします。

(A) 100円→120円→100円→80円→100円
(B) 100円→150円→100円→50円→100円

(A)も(B)も、平均すると「株価データの合計÷データ数=500円÷5=100円」になりますが、よく見ると、(A)より(B)のほうが株価データの変動が大きいことに気づきます。
そこで、(A)と(B)の変動の大きさを数値化して比較してみましょう。

(A) {(100円‐100円)+(120円‐100円)+(100円‐100円)+(100円‐80円)+(100円‐100円)}÷5=8円
(B) {(100円‐100円)+(150円‐100円)+(100円‐100円)+(100円‐50円)+(100円‐100円)}÷5=20円

(A)の場合、個々の株価データと平均値(100円)のカイ離(距離)は、平均して8円。(B)の場合は、それが20円ですから、(B)は(A)より2.5倍(20円÷8円=2.5倍)も変動が大きいことがわかります。
以上のように、「データの変動が大きいと、大きな数値になる」というのが「標準偏差」の基本的な考え方です。
しかし、実際の「標準偏差」を求める数式は少し異なり、以下のようになります。個々のデータからデータの平均値を引くところまでは上記の計算と同じですが、その値を2乗してから総和を求め、その平均値の平方根(√)を「標準偏差」とするのです。

標準偏差の計算式

なぜならば、データが平均値よりも大きい場合は「データ-平均値」はプラスの数字になるのでいいのですが、データが平均値より小さい場合は、「データ-平均値」はマイナスとなってしまい、それらを合計すると正確なカイ離(距離)が出ません。そのため、上記に示した(A)(B)の計算では、データが平均値より小さい場合は、「平均値-データ」という計算をしているのです。
しかし、2乗すればマイナスはプラスになるので合計できますし、「データ-平均値」という計算式で統一できます。そして、最後に、平方根(√)を求めれば、個々のデータと同じ尺度で比較できるというわけです。

なお、標準偏差は通常「σ(シグマ)」の記号で表しますが、前述のように、株価の変動が大きければ標準偏差「σ」は大きくなります。
そのため、標準偏差「σ」が大きい場合は、チャート上に描き出される基準線(移動平均線)と「-σ」ラインの間隔、および基準線と「+σ」ラインの間隔は幅が広くなります。また逆に、標準偏差「σ」が小さい場合はそれらの幅が狭くなります。

ボリンジャーバンドを使った投資判断

さらに、データは統計学上の正規分布に従うという仮定に基づくと、

株価が「移動平均 ± σ」内に収まる確率は約68%
株価が「移動平均 ± 2σ」内に収まる確率は約95.4%
株価が「移動平均 ± 3σ」内に収まる確率は約99.7%

となります。
つまり、株価が標準偏差の2倍を上下で超える確率は4.6%しかないということです。そのため、この場合は、次のような二つの投資判断ができるでしょう。

(1)ほとんど起こらないことが起きたのだから、この先の株価は少なくとも平均までは戻る可能性が高い。
(2)ほとんど起こらないことが起きたのだから、今回は株価は全く違うステージに入ったかもしれないので、水準を大きく変える可能性がある。

(1)は「逆張り」投資、(2)は「順張り」投資になります。

また、ボリンジャーバンドをエントリーポイントとしてだけではなく、手じまいのポイント(買いエントリーの場合は売却/売りエントリーの場合は買い戻し)として利用する方法もあります。たとえば「3σにタッチしたら取りあえず売却する」などがそれに当たります。

基準線を中心にボリンジャーバンド± 2σが表示された日足例(パラメータは10)

この動画で操作方法と画面の動きをご確認ください(フルスクリーンモードでご覧ください)

「岡三ネットトレーダープレミアム」でボリンジャーバンドをご利用いただく場合、平均と標準偏差を計算する期間(パラメータ)を自由に変更することができます。画面上でパラメーターの設定を連続的に変更すると、ボリンジャーバンドの変化がよく分かるので、お試しください。

また、基準線(移動平均線)の表示・非表示、1σ、2σ、3σの表示・非表示も個々にできるようになっています。
さらに、売買サインとして、「下値を上抜けまたは上値を下抜け」=「逆張り」の表示がチャートの上に出てきます。パラメータやσ(Deviation)を変更することによって売買サインも変化しますので参考にしてください。

ちなみに、日足データで、パラメータを10に設定した時、売買サインがDeviation1の場合は"だまし"が多くなりますが、Deviation3の場合は売買サインがほとんど出ないので、Deviation2が一番使い勝手がよさそうです。 また、バンド幅が小さい局面からどちらかに大きく動き始めた時は、トレンドを持っている場合が多く、「順張り」が成功しやすいという見方もあります。

「分析チャート」を表示しリンクさせておいて、「株価ボード」にある銘柄を次々とクリックして選択すれば、それらの銘柄の株価チャートを連続して見ることができます。ですから、まずはたくさんのボリンジャーバンドを見ることをお勧めします。たくさん見れば、何かが見えてくるはずです。

※ボリンジャーバンドの「由来」や「概要」に関しては、リンク集の「テクニカルチャート解説」をご参照ください。

http://trade.okasan-online.rich-direct.jp/chart_help/frame.html

※この項目は2010年5月7日のブログを元に書かれたものです。

ご注意:画面上に表示された画像に表示される個別銘柄は操作の説明上表示しているものであり、これらの銘柄の売買をいっさい推奨するものではありません。

岡三オンライン証券の総合口座をお持ちの方は
無料でツールをお使いいただけます。

ご注意
リスク

【株式等】株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引では投資金額(保証金・証拠金)を上回る損失を被る場合があります。株価は、発行会社の業績、財務状況や金利情勢等様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価・TOPIX等)等、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引は対象指数等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。上場新株予約権証券は、上場期間・権利行使期間が短期間の期限付きの有価証券であり、上場期間内に売却するか権利行使期間内に行使しなければその価値を失い、また、権利行使による株式の取得には所定の金額の払込みが必要です。株価指数証拠金取引では建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。【外貨建て債券】債券の価格は基本的に市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還の前に売却すると損失を被る場合がございます。また、額面金額を超えて購入すると償還時に損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により、債券の価格が変動し損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により元本や利子の支払いが滞り損失を被る場合がございます。外貨建て債券は外国為替相場の変動などにより、円換算でのお受取金額が減少する恐れがあります。これにより円換算で投資元本を割込み、損失を被る場合がございます。【FX】外国為替証拠金取引(以下、「FX」という。)は預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象通貨の為替相場の変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。対象通貨の金利変動等によりスワップポイントの受取額が増減する可能性があります。ポジションを構成する金利水準が逆転した場合、スワップポイントの受取から支払に転じる可能性があります。為替相場の急変時等に取引を行うことができず不測の損害が発生する可能性があります。【各商品共通】システム、通信回線等の障害により発注、執行等ができず機会利益が失われる可能性があります。

保証金・証拠金

【信用】最低委託保証金30万円が必要です。信用取引は委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の30%以上の委託保証金が必要です。【先物・オプション】発注必要証拠金および最低維持証拠金は、「(SPAN証拠金額×当社が定める掛け目)-ネットオプション価値の総額」とし、選択取引コース・取引時間によって掛け目は異なります。当社のWebサイトをご確認ください。また、変更の都度、当社のWebサイトに掲載いたします。【株価指数証拠金取引】発注証拠金(必要証拠金)は、株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じた所要額を加えた額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。一部レバレッジコースの選択ができない場合があります。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)×金融先物取引業協会が公表する数値とします。発注証拠金に対して、取引所FXでは、1取引単位(1万又は10万通貨)、店頭FXでは、1取引単位(1,000通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位は通貨ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。

手数料等諸費用の概要(表示は全て税込・上限金額)

【日本株】取引手数料には1注文の約定代金に応じたワンショットと1日の合計約定代金に応じた定額プランがあります。ワンショットの上限手数料は現物取引で3,300円、信用取引で1,320円。定額プランの手数料は現物取引の場合、約定代金100万円以下で上限880円、以降約定代金100万円ごとに550円加算、また、信用取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,100円、以降約定代金100万円ごとに330円加算します。手数料プランは変更可能です。信用取引手数料は月間売買実績により段階的減額があります。信用取引には金利、管理費、権利処理等手数料、品貸料、貸株料の諸費用が必要です。【上場新株予約権証券】日本株に準じます。【中国株】国内取引手数料は約定金額の1.1%(最低手数料5,500円)。この他に香港印紙税、取引所手数料、取引所税、現地決済費用の諸費用が必要です。売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【外貨建て債券】外貨建て債券を募集・売出し等により、又は当社との相対取引により購入する場合は、購入対価のみをお支払いただきます。外貨建て債券の売買、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【先物】取引手数料は、通常取引コースの場合、日経225先物が1枚につき330円(取引枚数により段階的減額あり)、日経225mini、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物、東証マザーズ指数先物、JPX日経インデックス400先物が1枚につき44円、TOPIX先物、日経平均VI先物が1枚につき330円、NYダウ先物が1枚につき880円。アクティブ先物取引コースの場合、日経225先物が1枚につき275円、日経225miniが1枚につき27円です。【オプション】取引手数料は、日経225オプションが約定代金に対して0.176%(最低手数料220円)、TOPIXオプションが約定代金に対して0.22%(最低手数料220円)です。【株価指数証拠金取引】取引手数料は、セルフコースは1枚につき156円、サポートコースは1枚につき3,300円です。【投資信託】お申込みにあたっては、当該金額に対して最大3.85%の申込手数料をいただきます。換金時には基準価額に対して最大0.75%の信託財産留保金をご負担いただく場合があります。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。【FX】取引所FXの取引手数料は、セルフコースはくりっく365が無料、くりっく365ラージが1枚につき1,018円、サポートコースはくりっく365が1枚につき1,100円、くりっく365ラージが1枚につき11,000円です。店頭FXの取引手数料は無料です。スプレッドは、通貨ごとに異なり、為替相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。

お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項等をよくお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

商号:岡三オンライン証券株式会社/金融商品取引業者 
関東財務局長(金商)第52号

加入協会:日本証券業協会一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会