岡三ネットトレーダーシリーズ

ベーシックガイド ~基本的な使い方~

第3章 カスタマイズしてみよう

画面レイアウトに挑戦する

画面1にレイアウトしてみましょう。まず、メインメニューの1を選びます。

メインメニューの1を選びます。

「投資情報」→「株価ボード」を選択します。そうすると、一面に「株価ボード」が表示されます。その後、「投資情報」→「ランキング」を選択すると、これも一面に表示されるのですが、実は「株価ボード」はタブで後ろに隠れています。
さらに、「投資情報」→「マーケット総合」を選ぶとランキングと同じ状態になります。つまり、情報を追加するごとにタブが増加していき、追加後はそのタブを選択するごとに情報を表示することになります。

タブが追加されます

次に、「投資情報」→「銘柄情報」→「分析チャート」を選択すると別ウインドウが立ち上がります。

別ウインドウが立ち上がります。

このように全画面に出る情報と別ウインドウが出る情報があることに注目してください。そして、別ウインドウに出る情報は自由にレイアウトすることが出来ます。
レイアウトの仕方はまず、リンクを合せて、ドッキングオン、別ウインドウの情報をドラック&ドロップするとその情報が上下左右の好みの場所に格納されます。

別ウインドウに出る情報は自由にレイアウトすることが出来ます。

さらに「分析チャート」の次に「板(大)」を選択後、リンクを合せて、ドラック&ドロップすれば、「分析チャート」の左右(もちろん上下でも良いがあまりレイアウトは美しくない)に「板(大)」を格納することが出来ます。

「分析チャート」の左右に「板(大)」を格納することが出来ます。

いってみれば、「株価ボード」などのタブに格納される情報をベースにして、上下左右にパズルのようにはめ込んでいく感じでレイアウトしていくのです。

PAGE TOP