使い方 ベーシックガイド

第9章その他の便利な機能を使ってみよう

ランキングを表示する

リアルタイムランキングはデイトレードで監視銘柄をピックアップする場合に効果を発揮する情報です。特に、岡三ネットトレーダープレミアムでは非常に多彩なランキングを市場(部)ごと、業種ごとに選択して表示することができるので便利です。

ランキングの大きな項目としては、価格、乖離率、急騰・急落(株価)、出来高急増、出来高、金額、テクニカル、信用、ファンダメンタルズとなっており、他にはないランキングも表示できます。

ランキングを表示する

岡三ネットトレーダープレミアムでは、急騰・急落(株価)のランキングがデイトレードに活用できます。この急騰・急落(株価)のランキングは1,3,5,10,20,30,60分(WEBの場合は5,30,60分)で株価が急騰・急落した銘柄のランキングを表示します。更新ボタンを押すことによってリアルタイムでランキングを表示することが可能なうえ、毎分更新も選択することが可能です。

ランキングを表示する

ランキングは様々な応用も可能

例えば、急騰急落(5分前)で、日経平均採用を選択するとそのときの日経平均採用銘柄の株価急騰銘柄のランキングが表示されます。同時にチャートを出しておけば、ランキング各銘柄の分足チャートを確認できます。低位株で1Tickによる影響が大きい銘柄を省いたり、直近の動きをチェックして監視銘柄に加えることができます。そのときのランキングを残しておきたい場合はCSV出力でエディタやEXCELに保存したり、その後株価ボードに登録することもできます。

このほかには、出来高急増やテクニカルなどは岡三ネットトレーダープレミアムのランキングで特徴のあるランキングメニューとなっています。さらに、表示されたランキング50銘柄はこの銘柄群のなかで自由に並べ替えをすることができます。例えば、「株価急騰(30分前)-東証1部-全業種」で表示された50銘柄を出来高の多い順や、株価の高い順など表示項目ごとに昇順、降順でソートすることも可能です。急騰銘柄のなかで、株価が高い順にソートすれば低位株で1Tickによる影響が大きい銘柄(投資にはあまり適さない)を排除することも可能です。

株主優待情報をみる

企業によっては株主に対して配当のほかに製品やサービスを提供する「株主優待」を行なっている企業があります。企業が「株主優待」を実施するのは自社製品やサービスの知名度向上、個人株主の安定化などが理由となっているようです。個人投資家としてはこのチャンスを生かさない理由はありません。また、株主優待や配当の権利が確定する月末に向けて株価が上昇するという傾向が見られる場合もありますので、決算月の銘柄の動きについては注視しておくと投資チャンスが生まれるかもしれません。

岡三ネットトレーダープレミアムで株主優待を表示することが可能です。「投資情報」→「株主優待」で以下のような画面が表示できます。

ランキングを表示する

表示される内容はコード、銘柄、市場、最低投資金額、優待内容、優待内容詳細となっています。最低投資金額をクリックすると金額の小さい順、大きい順に並び替えることができるので、投資金額によってどのような優待がもらえるのかを一覧で確認できます。さらに、食料・飲料品などの優待内容(分類)から選ぶことも可能となっています。

株主優待と複合画面を同時表示する

また、株主優待の右側に複合画面などを表示しておけば、株価ボードのように銘柄を選択してチャートや板情報などを表示することもできます。優待銘柄の6カ月、1年前の株価の動きはもちろん、本日の株価の動きなども順次表示できます。

株主優待情報をみる

決算発表情報を表示する

「決算発表」と銘柄情報の「複合画面(大)」を右側にレイアウトしています。
左の日付をクリックすれば当日を含めて、発表分やこれからの発表企業をウオッチできます。株価ボードと同じように銘柄をクリックすれば右の情報が変わります。複合画面なので、チャートだけでなく、歩み、信用、業績、ニュースなども選択できます。決算発表の銘柄上で右クリックすればいつものメニューが現れますので、SS注文画面や各種情報に瞬時にアクセス可能です。

株主優待と複合画面を同時表示する

応用例

まず、寄付は前日の引け後に決算発表が行われた企業をウオッチしてください。まだ、決算発表後の情報が完全には株価に反映されていないと思いますので、監視対象とすることは意味があります。ただ、寄付から一気に株価に情報が反映される可能性が高いので注意が必要です。株価動向を監視しながら波にのってください。前日決算発表の企業は既にニュースなどに業績に対する評価が出ている場合が多いので、当社の「企業分析ナビ」などと比較検討することもできます。

銘柄アラートをつかう

「岡三ネットトレーダープレミアム」には「銘柄アラート」があります。これは、個別銘柄はもとより、先物、オプション、指数、為替などを監視することができます。監視できるものは価格、ニュース、テクニカルなど、かなり多彩な条件を設定することができます。

具体的に解説してみましょう。「投資情報」→「銘柄アラート」を選択すれば以下のような画面が現れます。

決算発表情報を表示する

そこで、新規追加の価格を選択すると「アラート機能設定」画面が現れます。簡単な使い方としては、銘柄コードを入力して、「価格を指定して比較」を条件として現在値が「XXXX」円以上もしくは以下として設定する方法があります。

バックテストはパラメータの設定に注意

株価アラートのメール内容

実際に条件達成となると以下のようなメールが届きます

--------------------
銘柄アラートのお知らせ
お知らせ日時:2020/05/08 10:45
アラート条件:現在値2,256円以上
銘柄:XXXX ○○○○○(東証)
価格:2,256
前日比:+59(+2.69%)
岡三オンライン
--------------------

株価アラート通知後はスマホや携帯で対応

岡三ネットトレーダープレミアムに搭載できる特殊注文はクライアント型なのでPCを起動しておくことが必須条件となっています(なお、先物オプションに関しては通常、ペア、ステップ、ステップペアなどの特殊注文がサーバー型で可能です)。従って、外出していてザラ場をみることができない時にロスカットの逆指値を設定したい場合、この銘柄アラートを設定しておくと便利です。 例えば、一般的な連続注文で現在1,000円の株価に対して900円まで下がったら買いたいが、さらに下がって800円になったらロスカットをしたい場合、まず、通常の指値注文を900円に入れておいて、銘柄アラートで800円以下を設定しておくのです。株価が下がれば、900円で買うことができます。さらに800円まで下がった場合携帯電話でメールを受け取ることができます。その後、「岡三ネットトレーダースマホ」などで注文すれば対応できます。

銘柄アラートは条件達成までは監視し続けることが可能なので、スイングや中長期投資でも使えます。先程の例では900円で保有した銘柄が1カ月後に800円になったとしても、銘柄アラートならマインドできます。通常の注文では毎日注文を気にしなければなりません。

この銘柄アラートの条件は非常に多彩なものが使えます。

企業分析ナビでファンダメンタルズを検討する

岡三ネットトレーダープレミアムでは企業分析ナビがつかえます。企業分析ナビは個別銘柄のレーティングや業績を多彩なグラフや分かりやすい表で確認することができます。

バックテストはパラメータの設定に注意

特に、注目のロイターコンセンサスレーティングは、トムソン・ロイター社が提供するアナリストレポートのコンセンサス情報です。主要証券会社の各アナリストによるレーティング情報について、「強気」や「弱気」などレーティング別のアナリスト数や目標株価の中央値などをトムソン・ロイター社が独自に集計した総合評価となります。このデータを詳細にビジュアルで分かりやすく確認することができます。

岡三オンライン証券の総合口座をお持ちの方は
無料でツールをお使いいただけます。

ご注意
リスク

【株式等】株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引では投資金額(保証金・証拠金)を上回る損失を被る場合があります。株価は、発行会社の業績、財務状況や金利情勢等様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価・TOPIX等)等、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引は対象指数等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。上場新株予約権証券は、上場期間・権利行使期間が短期間の期限付きの有価証券であり、上場期間内に売却するか権利行使期間内に行使しなければその価値を失い、また、権利行使による株式の取得には所定の金額の払込みが必要です。株価指数証拠金取引では建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。【外貨建て債券】債券の価格は基本的に市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還の前に売却すると損失を被る場合がございます。また、額面金額を超えて購入すると償還時に損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により、債券の価格が変動し損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により元本や利子の支払いが滞り損失を被る場合がございます。外貨建て債券は外国為替相場の変動などにより、円換算でのお受取金額が減少する恐れがあります。これにより円換算で投資元本を割込み、損失を被る場合がございます。【FX】外国為替証拠金取引(以下、「FX」という。)は預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象通貨の為替相場の変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。対象通貨の金利変動等によりスワップポイントの受取額が増減する可能性があります。ポジションを構成する金利水準が逆転した場合、スワップポイントの受取から支払に転じる可能性があります。為替相場の急変時等に取引を行うことができず不測の損害が発生する可能性があります。【各商品共通】システム、通信回線等の障害により発注、執行等ができず機会利益が失われる可能性があります。

保証金・証拠金

【信用】最低委託保証金30万円が必要です。信用取引は委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の30%以上の委託保証金が必要です。【先物・オプション】発注必要証拠金および最低維持証拠金は、「(SPAN証拠金額×当社が定める掛け目)-ネットオプション価値の総額」とし、選択取引コース・取引時間によって掛け目は異なります。当社のWebサイトをご確認ください。また、変更の都度、当社のWebサイトに掲載いたします。【株価指数証拠金取引】発注証拠金(必要証拠金)は、株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じた所要額を加えた額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。一部レバレッジコースの選択ができない場合があります。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)×金融先物取引業協会が公表する数値とします。発注証拠金に対して、取引所FXでは、1取引単位(1万又は10万通貨)、店頭FXでは、1取引単位(1,000通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位は通貨ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。

手数料等諸費用の概要(表示は全て税込・上限金額)

【日本株】取引手数料には1注文の約定代金に応じたワンショットと1日の合計約定代金に応じた定額プランがあります。ワンショットの上限手数料は現物取引で3,300円、信用取引で1,320円。定額プランの手数料は現物取引の場合、約定代金100万円以下で上限880円、以降約定代金100万円ごとに550円加算、また、信用取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,100円、以降約定代金100万円ごとに330円加算します。手数料プランは変更可能です。信用取引手数料は月間売買実績により段階的減額があります。信用取引には金利、管理費、権利処理等手数料、品貸料、貸株料の諸費用が必要です。【上場新株予約権証券】日本株に準じます。【中国株】国内取引手数料は約定金額の1.1%(最低手数料5,500円)。この他に香港印紙税、取引所手数料、取引所税、現地決済費用の諸費用が必要です。売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【外貨建て債券】外貨建て債券を募集・売出し等により、又は当社との相対取引により購入する場合は、購入対価のみをお支払いただきます。外貨建て債券の売買、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【先物】取引手数料は、通常取引コースの場合、日経225先物が1枚につき330円(取引枚数により段階的減額あり)、日経225mini、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物、東証マザーズ指数先物、JPX日経インデックス400先物が1枚につき44円、TOPIX先物、日経平均VI先物が1枚につき330円、NYダウ先物が1枚につき880円。アクティブ先物取引コースの場合、日経225先物が1枚につき275円、日経225miniが1枚につき27円です。【オプション】取引手数料は、日経225オプションが約定代金に対して0.176%(最低手数料220円)、TOPIXオプションが約定代金に対して0.22%(最低手数料220円)です。【株価指数証拠金取引】取引手数料は、セルフコースは1枚につき156円、サポートコースは1枚につき3,300円です。【投資信託】お申込みにあたっては、当該金額に対して最大3.85%の申込手数料をいただきます。換金時には基準価額に対して最大0.75%の信託財産留保金をご負担いただく場合があります。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。【FX】取引所FXの取引手数料は、セルフコースはくりっく365が無料、くりっく365ラージが1枚につき1,018円、サポートコースはくりっく365が1枚につき1,100円、くりっく365ラージが1枚につき11,000円です。店頭FXの取引手数料は無料です。スプレッドは、通貨ごとに異なり、為替相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。

お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項等をよくお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

商号:岡三オンライン証券株式会社/金融商品取引業者 
関東財務局長(金商)第52号

加入協会:日本証券業協会一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会