使い方 ベーシックガイド

第6章注文をしてみよう

SS注文の特長

「スピードショット(SS)注文」は当社独自の注文画面であり、これまでも投資家の皆さまから高い評価をいただいています。特に、デイトレードなどアクティブに投資を行なっておられる方には非常に使いやすいといわれています。

一番の特長は売買板を見ながら直感的にすばやく注文を行うことができることです。指値の変更はドラック&ドロップ、取消しはクリック1回で行うことができます。表示設定や操作設定も細かく行うことができるので、自分好みの注文画面を作ることができます。
さらに、SS注文画面では価格帯別出来高なども表示できます。

SS注文画面の表示方法

(1)株式情報→取引で表示する。

SS注文画面の表示方法1

(2)株価ボードやランキングなどで任意の銘柄上で右クリックをする。

SS注文画面の表示方法2

SS注文画面

SS注文画面は特殊注文との連携も可能であり、クライアント型の逆指値、トレール、IFDONE、OCOなど多彩な注文が可能となっています。これらの特殊注文はSS注文画面あってこその拡張機能となっており、日本株の取引を強力にサポートする機能が搭載されています。

SS注文画面

SS注文画面の情報

表示項目の異なる 3つのパターンのSS注文画面を用意していますので、好みで使い分けていただくことが可能です。 また、表示項目は自由に設定することが可能です。

SS注文画面の情報

3つのパターンの画面の違いは、「価格帯別出来高」と「銘柄情報テーブル」の表示です。2つとも表示されている画面が「株式SS注文1」となり、2つとも表示されていない画面が「株式SS注文3」です。「株式SS注文2」は「銘柄情報テーブル」は表示されますが、「価格帯別出来高」は表示されません。

SS注文のポイント

(1)発注方法(買いの場合)
マウス操作のみで素早く発注することが可能です。売買板上で発注できるので、キーボードの打ち間違いなどによる発注ミスを防ぐことが可能です。

SS注文のポイント1

(2)注文の訂正・取消
指値の訂正はドラッグ&ドロップで素早く訂正可能です。取消も瞬時に行え、注文全てを一度に取消すことも可能です。

SS注文のポイント2

信用取引のSS注文

信用の場合も基本的に操作方法は同じです。大きな違いは最初に「信用」のタブを選ぶ必要があることだけです。もちろん、新規売からも始められますが、これはSS注文の機能というよりは信用取引の基本的な機能となります。

信用取引のSS注文

特殊注文で逆指値にチャレンジ

「逆指値注文」は「成行の場合、現在値が逆指値発動値を下回る、または上回ると成行注文を行います」。「指値の場合、現在値が逆指値発動値を下回る、または上回ると、指定したTick幅の指値注文を行います」。従って、成行の場合は発動条件が出現すればほぼ商いが成立します(その銘柄の流動性、注文量や板の状況によって成行でも商いが成立しない場合もあります)が、指値をした場合はこの限りではありません。

逆指値注文をロスカットでつかう

まず、株式を保有しており、ある水準でロスカットを入れたい場合は「逆指値注文」が有効です。

たとえば1,100円で株を買付した際、1,000円で売りの逆指値注文を出しておけば、相場下落時に1,000円で自動的に売却注文が執行されます。ザラ場中、常に株価のチェックをしていなくても自動的に損切り注文が執行されるため、損失を最小限に抑えることができます。また、裁量ではなかなか難しい損切りを自動的に行ってくれる点でも役立つといえます。

逆指値注文をロスカットでつかう
  • 即時条件達成域
    逆指値注文を発注した段階ですぐに注文が施行される価格帯のこと。 下図の場合、1,988円以上で売り注文を設定した場合を指します。
  • 逆指値条件域
    下図の場合、「~円以下になった場合、売る」という逆指値注文なので、現在値未満の価格帯域を指します。
即時条件達成域・逆指値条件域

たとえば、上記の例では現在値1,987円に対して、保有株(200株)の逆指値注文を1,980円で出しています。株価が1,981円以上の場合は何も起きませんが、1,980円以下になると成行の売注文が出ることになり、利益(損失)が確定します。この時重要なことは、間違っても1,988円以上の「即時条件達成域」をクリックしないことです。現在値が1,987円ですから、1,988円以上では条件を達成したことになるので即座に注文が施行されてしまいます。「確認省略」をしている場合はそのまま注文が通ってしまいますので十分注意してください。

発注方法は、上図赤枠内に条件を入力後、板上の価格をダブルクリックします。なお、注文訂正や取消は通常の操作と同じ方法でできます。

特殊注文でトレール注文にチャレンジ

「トレール注文」は一般的にはトレーリングストップ注文ともいわれ、保有株の利益を伸ばしながら大きな損失を防ぐための手段として活用できます。

トレール注文とは
買いの場合「現在値」と「トレール開始後最安値+Tick幅」もしくは、売りの場合「現在値」と「トレール開始後最高値-Tick幅」が交差したところで成行注文を出す注文方法です。
注文発注のイメージは下図の通りです。

トレール注文

保有している「現物株」(ここでは若干複雑になるので信用取引は考えない)に対して、「トレール注文」を出す場合について解説します。

まず、保有株をクリックし、数量を指定、トレール、即時開始、Tickを指定します。
下図は保有株200株を「トレール注文」5Tick下で即時開始した例です。

もし、このまま株価が下がれば1,963円で成行売が執行されます。
もし、株価が上昇して1,975円になれば、成行売は1,970円に上昇します。
つまり、最初の注文より7円分は利益が確保できるということです。株価はどこまで上昇するかは分からないので、損失を限定しながら利益を追求できることになります。

保有株200株を「トレール注文」5Tick下で即時開始した例

岡三オンライン証券の総合口座をお持ちの方は
無料でツールをお使いいただけます。

ご注意
リスク

【株式等】株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引では投資金額(保証金・証拠金)を上回る損失を被る場合があります。株価は、発行会社の業績、財務状況や金利情勢等様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価・TOPIX等)等、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引は対象指数等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。上場新株予約権証券は、上場期間・権利行使期間が短期間の期限付きの有価証券であり、上場期間内に売却するか権利行使期間内に行使しなければその価値を失い、また、権利行使による株式の取得には所定の金額の払込みが必要です。株価指数証拠金取引では建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。【外貨建て債券】債券の価格は基本的に市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還の前に売却すると損失を被る場合がございます。また、額面金額を超えて購入すると償還時に損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により、債券の価格が変動し損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により元本や利子の支払いが滞り損失を被る場合がございます。外貨建て債券は外国為替相場の変動などにより、円換算でのお受取金額が減少する恐れがあります。これにより円換算で投資元本を割込み、損失を被る場合がございます。【FX】外国為替証拠金取引(以下、「FX」という。)は預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象通貨の為替相場の変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。対象通貨の金利変動等によりスワップポイントの受取額が増減する可能性があります。ポジションを構成する金利水準が逆転した場合、スワップポイントの受取から支払に転じる可能性があります。為替相場の急変時等に取引を行うことができず不測の損害が発生する可能性があります。【各商品共通】システム、通信回線等の障害により発注、執行等ができず機会利益が失われる可能性があります。

保証金・証拠金

【信用】最低委託保証金30万円が必要です。信用取引は委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の30%以上の委託保証金が必要です。【先物・オプション】発注必要証拠金および最低維持証拠金は、「(SPAN証拠金額×当社が定める掛け目)-ネットオプション価値の総額」とし、選択取引コース・取引時間によって掛け目は異なります。当社のWebサイトをご確認ください。また、変更の都度、当社のWebサイトに掲載いたします。【株価指数証拠金取引】発注証拠金(必要証拠金)は、株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じた所要額を加えた額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。一部レバレッジコースの選択ができない場合があります。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)×金融先物取引業協会が公表する数値とします。発注証拠金に対して、取引所FXでは、1取引単位(1万又は10万通貨)、店頭FXでは、1取引単位(1,000通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位は通貨ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。

手数料等諸費用の概要(表示は全て税込・上限金額)

【日本株】取引手数料には1注文の約定代金に応じたワンショットと1日の合計約定代金に応じた定額プランがあります。ワンショットの上限手数料は現物取引で3,300円、信用取引で1,320円。定額プランの手数料は現物取引の場合、約定代金100万円以下で上限880円、以降約定代金100万円ごとに550円加算、また、信用取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,100円、以降約定代金100万円ごとに330円加算します。手数料プランは変更可能です。信用取引手数料は月間売買実績により段階的減額があります。信用取引には金利、管理費、権利処理等手数料、品貸料、貸株料の諸費用が必要です。【上場新株予約権証券】日本株に準じます。【中国株】国内取引手数料は約定金額の1.1%(最低手数料5,500円)。この他に香港印紙税、取引所手数料、取引所税、現地決済費用の諸費用が必要です。売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【外貨建て債券】外貨建て債券を募集・売出し等により、又は当社との相対取引により購入する場合は、購入対価のみをお支払いただきます。外貨建て債券の売買、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【先物】取引手数料は、通常取引コースの場合、日経225先物が1枚につき330円(取引枚数により段階的減額あり)、日経225mini、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物、東証マザーズ指数先物、JPX日経インデックス400先物が1枚につき44円、TOPIX先物、日経平均VI先物が1枚につき330円、NYダウ先物が1枚につき880円。アクティブ先物取引コースの場合、日経225先物が1枚につき275円、日経225miniが1枚につき27円です。【オプション】取引手数料は、日経225オプションが約定代金に対して0.176%(最低手数料220円)、TOPIXオプションが約定代金に対して0.22%(最低手数料220円)です。【株価指数証拠金取引】取引手数料は、セルフコースは1枚につき156円、サポートコースは1枚につき3,300円です。【投資信託】お申込みにあたっては、当該金額に対して最大3.85%の申込手数料をいただきます。換金時には基準価額に対して最大0.75%の信託財産留保金をご負担いただく場合があります。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。【FX】取引所FXの取引手数料は、セルフコースはくりっく365が無料、くりっく365ラージが1枚につき1,018円、サポートコースはくりっく365が1枚につき1,100円、くりっく365ラージが1枚につき11,000円です。店頭FXの取引手数料は無料です。スプレッドは、通貨ごとに異なり、為替相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。

お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項等をよくお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

商号:岡三オンライン証券株式会社/金融商品取引業者 
関東財務局長(金商)第52号

加入協会:日本証券業協会一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会