岡三ネットトレーダーシリーズ

ベーシックガイド ~基本的な使い方~

第2章 メニューを理解しよう

上段・下段の2列のメニューについて

まず、2列のメニューについてですが、

上段・下段の2列のメニューについて

上段の「マーケット情報」「株式情報」「先物OP情報」「株式取引」「資産情報」1,2,3,4,5と下段の「投資情報」「取引」「資産」「設定」「ウインドウ」の違いを認識しておく必要があります。上の段は単純に画面を10個持っており、名前の付いた画面は初期設定で表示されているメニュー情報が登録されているデフォルトの画面です。

下段のメニューは情報や注文ツールを画面上に設定するためのメニューとなります。このメニューで選んで各種画面に情報等を貼り付けます。

メニューを順番にクリックしてみる

それではまず、上段の名前のついた画面を順番にクリックしてみてください。各種情報や取引に関するツールが画面に表示されます。

マーケット情報

マーケット情報ではマーケット全体の動きが把握できる情報が表示されています。

株式情報、先物OP情報

株式情報、先物OP情報は各商品の情報が把握できます。

株式取引

株式取引は、注文および取引履歴等が表示されます。

資産状況

資産状況はお知らせや自分の口座の情報が表示されます。

実は、これらの情報は標準で設定されるだけですので、これらの画面も自由にカスタマイズ可能です。
また、1,2,3,4,5は初期設定ではなにも情報が登録されていない状態です。ここにも自由に画面を登録することができます。

自由にカスタマイズし、画面登録が可能

PAGE TOP