為替情報ツール
e-profit FX

プライスボード、テクニカルチャート、最新ニュースなど
多彩な情報を一体化した情報分析ツール

e-profit FX データ

売買建玉比率&数量

売買建玉比率&数量では、くりっく365市場における投資家のポジションの売り買いの比率が確認できます。
数量ボタンを押すと、全ポジション数量と売り買いのポジション数量がご覧いただけます。
また、2006年7月10日以降任意の日付を入力することで過去の状況もご覧いただけます。

売買建玉比率

使い方(例)

  • 現在の投資家の売買傾向を把握する
  • 大きな偏りがある通貨ペアを把握する

みんなは買っているの?売っているの?そんな時は「売買建玉比率&数量」でチェック

売買建玉推移

売買建玉推移では、くりっく365市場における上場全通貨ペアの投資家ポジションの売り買いの差し引きとチャートがご覧いただけます。
また、各通貨ペアをくりっくすると買いポジション数、売りポジション数のグラフと差し引きグラフ、チャートが拡大表示されます。さらに、下部から選択すると買い比率、取引・残玉数量、スワップポイントも同時表示が設定可能です。

売買建玉推移

使い方(例)

  • 値動きと建玉の推移は関連性が高いため、建玉推移の傾向から価格予想の指針とする
  • 建玉の増減から変動の際に、新規が多いのか、決済が多いのかから強気か弱気かの指針とする

スワップポイントカレンダー

スワップポイントカレンダーでは、将来の付与日数と過去のの実績値が銘柄別、日毎に一か月分がご覧いただけます。
また、前月、翌月への切り替えもできますので、前月の実績値や、翌月の付与日数もご覧いただけます。
さらに、スワップポイント計算機では、銘柄ごとに任意の期間におけるスワップポイントの実績値合計と日数が計算できます。

スワップポイントカレンダー

スワップポイント計算機

使い方(例)

  • 過去のスワップポイントの実績を把握する
  • 過去のスワップポイントと将来の付与日数から大凡のポジション保有収益/コストを算出する
  • スワップポイント計算機を使用して、昨年、一昨年におけるポジション保有期間における収益/コスト実績を把握する

くりっく365相関係数

くりっく365相関係数では、くりっく365の銘柄と関連する金融商品の中で、2銘柄間における価格変動がどの程度の連動性があるかを示した相関係数がご覧いただけます。
一般的に+1に近づくほど、似た価格変動となり、-1に近づくほど逆の価格変動となり、0に近づくほどでは、価格変動に連動性がないことを示します。
また、2銘柄間の相関係数をクリックすると下部に選択した2銘柄が一つのチャート上でご覧いただけます。

くりっく365相関係数

トルコ/円 日経225 相関係数

使い方(例)

  • 分散投資では、一般的に相関性の無い銘柄を組み合わせることが最も良いパフォーマンスを生むと言われているため、このコンテンツで0に近い相関係数を持った組み合わせを探すことでより良いポートフォリオとなる銘柄を探す
  • さや取りでは、価格差の収束、拡大を目的に取引を行うため、相関係数の絶対値が高い銘柄の組み合わせで取引を行うことが一般的である。そのため、このコンテンツではサヤ取りにより適した相関係数が+1若しくは-1に近い銘柄の組み合わせを探すことができる

相関係数でリスク分散を図ろう

CFTC建玉明細

CFTC建玉明細では、米国商品先物委員会(CFTC)と呼ばれる米国内の先物取引を管理、監督する米国政府機関が発表している取引主体をカテゴリー化したレポートを独自に特に市場への大きい大口投機家のポジションを集計したものがご覧いただけます。
CFTCは米国時間毎週金曜日にその週の火曜日時点のデータを公開します。
グラフは大口投機家の売りポジションと買いポジションの差であるNETポジションと価格がご覧いただけます。
下部のデータには、大口投機家だけではなく、大口当業者が表示されており、それぞれの買玉、売玉も時系列でご覧いただけます。

CFTC建玉明細

使い方(例)

  • 大口投機家のポジション増減と価格変動は連動することが多いため、価格変動の方向性の指標とする
  • 大口投機家のポジションはいずれ決済されることが多いため、潜在的な価格変動の指標とする
  • 大口当業者のポジションは差金決済ではなく、受け渡しが行われる可能性があるため、潜在的な価格変動の指標とする

CFTX建玉明細でプロの動きを知る

統計カレンダー

統計カレンダーでは、各種、各国の経済指標発表のスケジュールが今年と前後1年分がご覧いただけます。
発表後には、発表内容もご覧いただけます。
通常週間カレンダーが表示されていますのが、月間統計カレンダーをクリックすると今月のスケジュール及び発表内容がご覧いただけます。
また、カテゴリを休日、経済、政治から選択すると関連した項目のみの表示にすることが設定可能です。

統計カレンダー

使い方(例)

  • これから発表される指標を確認し、急な価格変動が起きやすい時間を把握し、対策する
  • 流動性が低下している際は、価格変動が大きくなる可能性が高くなるため、海外の休日を把握し、流動性が 低下する時間、日付を把握し、対策を練る
  • 発表された指標を時系列で追うことで、今の方向性の背景を知る

各国金利データ

各国金利データでは、主要国・地域のみならず、世界各国の政策金利が地域ごとにご覧いただけます。
政策金利は政府・中央銀行が行う金融政策の要となるもので、一般的には、物価上昇(インフレ)懸念が高まると、政策金利を引き上げ、景気後退懸念が高まると、政策金利を引き下げる傾向にあります。
政策金利の変更に伴い、その国の経済情勢が変わることや世界経済全体の動きが変わることもありますので、注意が必要です。

政策金利一覧表

使い方(例)

  • 主要国・地域の政策金利動向を把握し、世界経済の動向の指標とする
  • 地理的に近い若しくは産業的に近い地域、国の政策金利動向を把握し、該当国の経済情勢の指標とする

主要株価指数/金利

主要株価指数/金利では、各国の株価指数、金利のレートがご覧いただけます。
銘柄をクリックしますと同じ画面上にチャートが表示され、日足、週足、月足の設定可能です。
主要株価指数の更新時間は次のとおりです。

  • プライス(全銘柄)7:00/12:00/16:00/18:00/20:00
  • チャート(国内銘柄)7:45/8:45
  • チャート(海外銘柄)18:40/19:40

主要株価指数/金利

使い方(例)

  • 通貨ペアそれぞれの金利や株価指数のレートを把握する
  • 地理的に近い若しくは産業的に近い地域、国の金利、株価指数動向を把握し、該当国の経済情勢の指標とする市場金利の動向を把握する