2. 現物株式編

自動発注 ~売却・買い直しを岡三RSSで自動発注する方法~

過去3年間、保有株式の適宜売却・買い直しによる損失回避が有効であったならば、今後もこれに近い結果が期待できるのではないか、と仮定して、実際の取引を岡三RSSで自動化しましょう。

「【現物株式】売買モデル~売却買い直し~」を開くと、以下のようなシートが表示されます。

「【現物株式】売買モデル~売却買い直し~」起動時の画面

「【現物株式】売買モデル~売却買い直し~」起動時の画面

まず、発注判定時刻を設定します。
この時刻は、エクセルが以下の作業を行う時刻となります。

  • (1)銘柄ごとに、当日の高安が前日の高安を超えたのか否かの判定
  • (2)判定に従った自動発注

14:55から14:59までの間の任意の時刻を設定します。

当日の高値安値を正確に取得するためには、時刻は遅い方がいいですが、遅すぎると発注が間に合わなくなることもあります。まずは14:58を設定しておき、その後調整してください。

続いて、お客さまの取引パスワードを設定します。

続いて、取引の対象銘柄を、以下のとおり設定します(5銘柄設定可能)。

  • (1)取引を行う「銘柄コード」を数字で入力
  • (2)取引の「株数」を数字で入力
  • (3)取引手法の種類「高安割で売」、「設定なし」のプルダウンメニューから選択
    (「設定なし」を選択した場合には、発注されません)

「【現物株式】売買モデル~売却買い直し~」入力部詳細(黄色セルに必要事項を入力)

「【現物株式】売買モデル~売却買い直し~」入力部詳細(黄色セルに必要事項を入力)

以上で設定は完了です。
岡三RSSにログインし、当該エクセルワークシートを開いておけば、設定時刻に自動的に新規・決済注文を発注します。

【注意】過去10営業日の売買代金平均が5,000万円未満の場合には、当該銘柄の流動性が低く、シミュレーション通りの値段で売買できない可能性が高いため、売買しない設定としています。

なお、本サンプルシートを利用して、保有株式の適宜売却・買い直しによる損失回避をロジック通りに行うには、毎営業日の発注判定および発注を行う時刻に、岡三RSSにログインしたPCで、当該エクセルワークシートを起動していることが必要です。