活用レポート

著名なトレーダーが語る
岡三ネットトレーダーはここがスゴイ!

「アンケート結果を反映して、徹底的に使いやすさを追求したところが何よりもすばらしい」

Y.Nさん

投資家タイプ:デイトレ派(超短期)

使用ツール
岡三ネットトレーダープレミアム、ライト、ライトF

画面構成(レイアウト)について

スピードショット注文(SS注文3)の画面をメインに、ニュース、ティッカー、チャートなどを組み合わせて使っています。

画面① メイン画面表示。スピードショット注文(SS注文3)画面にて、クリック注文。
画面② ヘッドラインニュース表示。メイン画面と連動。最新の銘柄情報を確認。
画面③ ニュースティッカー表示。リアルタイムにニュースを確認。
画面④ 複合表示。メイン画面と連動。分足、日足、歩み値などを確認。
画面⑤ 分析チャート表示。メイン画面と連動。中長期的な日足、週足などを確認。
画面⑥ 時計表示。前場の寄付、引け、後場の寄付き、引け時間をアラームにて確認。

岡三ネットトレーダーの活用事例

決算発表の確認

今まで使っていたネット証券では決算発表を確認するツールがなかったため、株関連のサイトを使って調べるしかありませんでした。しかし、岡三ネットトレーダー プレミアムでは標準装備されているので場中でもすばやく検索でき、銘柄毎の決算日付、時間も確認できます。この機能はとても重宝しています。

[投資情報(I)]-[決算発表銘柄]・ [投資情報(I)]-[カレンダー]のどちらからも決算発表銘柄を確認できます。(画面はカレンダー)

銘柄連動機能

ある画面で表示した銘柄を、他の画面でも連動させて表示できます。上記画像で説明すると、画面①の銘柄を変更した場合、画面②、画面③、画面④の情報が同時に変更されます。その銘柄の詳細情報を一度にすばやく確認でき、値動きの激しい銘柄を扱うデイトレには大変ありがたい機能です。今まで使ってきた証券会社の中でここまで徹底した銘柄連動機能はありませんでした。

銘柄アラート機能

気になる銘柄の情報(価格、ニュース、テクニカル)のアラート(お知らせ)設定ができます。よく使うのはある銘柄の価格が○○円以上(以下)になったら、アラートするような設定。常時株価を見ていなくても、設定価格に達するとポップアップ画面および音で知らせてくれるのでとても便利です。

アラーム機能

意外と重宝しているのがこの機能です。上記画像の画面⑥で、現在の時間を視覚およびアラームで確認できます。前場の寄付5分前にアラーム(そのアラームで緊張する)、前場の引け2分前にアラーム(ポジションの確認)、後場の寄付2分前にアラーム、後場の引け2分前にアラーム(大証15:08にもアラーム)という細かい時間設定ができます。アラームも自分でカスタマイズ可能です。

岡三ネットトレーダーの長所

私が感じていることは、主に次の3点です。

お客様アンケートを利用して徹底的に使いやすさを追求したツールであること。

ツールは初期の頃から使っています。はじめは問題が多く、その都度、電話でクレームを言っていました(笑)。3ヶ月ぐらいは不満がたまり、我慢をすることもありましたが、顧客の要望を積極的に採り入れることでツールがすごいスピードで進化していきました。今まで使用してきた証券会社で、ここまで徹底したお客様アンケートでのツールの改善はありません。このツールの進化に代表されるように、「顧客を裏切らない姿勢」が他社と比較して最大の長所だと感じています。

迅速な発注ができること。

スピードショット注文(板発注)により、クリックで素早い発注処理が可能。これも顧客の要望によってすばらしく進化していきました。特にデイトレーダーは激しい値動きに素早く対応しなくてはいけないため、この機能はすごく便利です。他の参加者(トレーダー)より1円でも安く購入できる可能性が高くなり、そして、1円でも高く売却できる可能性が高くなります。この動作は損益に直結しており、また累積されていくので長期的にみるとかなり重要な要素になると思います。

トラブル発生時の迅速で誠実な対応。

トラブル発生時の電話応対がとても誠実。ツールのダウンや遅延(※3月のサーバー増強で遅延もほとんどなくなった)などの際には迅速にHPにてその情報を包み隠さず開示。そして原因を突き止め、対応策をすばやく開示してくれるので、顧客にとっては安心感があります。

「岡三ネットトレーダー」「岡三ネットトレーダーWEB」「岡三ネットトレーダー for iPad」「岡三株スマホ」は2017年3月31日(金)をもちましてサービスを終了いたしました。詳細はこちらをご確認ください。

本コンテンツは、岡三ネットトレーダープレミアムの利用事例の一例を掲載したものであり、その内容について当社が一切推奨するものではありません。ご紹介させていただいた掲載事例は、あくまでも当該投資家の個人的な考えによるものであり、その妥当性を当社が保証するものではありません。また、取引の状況に不公正取引のおそれがあると当社が判断した場合は、取引制限等の措置を行う場合があります。実際のご投資にあたっては、お客さまの投資経験、資金、財産の状況およびリスク許容度等に適合する範囲で行っていただくことが肝要です。万一、掲載事例に基づき損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。

岡三オンライン証券の総合口座をお持ちの方は
無料でツールをお使いいただけます。

ご注意
リスク

【株式等】株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引では投資金額(保証金・証拠金)を上回る損失を被る場合があります。株価は、発行会社の業績、財務状況や金利情勢等様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。投資信託、不動産投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等は、裏付け資産の評価額(指数連動型の場合は日経平均株価・TOPIX等)等、先物取引、オプション取引および株価指数証拠金取引は対象指数等の変化に伴う価格変動のリスクがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。上場新株予約権証券は、上場期間・権利行使期間が短期間の期限付きの有価証券であり、上場期間内に売却するか権利行使期間内に行使しなければその価値を失い、また、権利行使による株式の取得には所定の金額の払込みが必要です。株価指数証拠金取引では建玉を保有し続けることにより金利相当額・配当相当額の受け払いが発生します。【外貨建て債券】債券の価格は基本的に市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還の前に売却すると損失を被る場合がございます。また、額面金額を超えて購入すると償還時に損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により、債券の価格が変動し損失を被る場合がございます。債券の発行者又は債券の元利金の支払いを保証している者の財務状態の悪化等により元本や利子の支払いが滞り損失を被る場合がございます。外貨建て債券は外国為替相場の変動などにより、円換算でのお受取金額が減少する恐れがあります。これにより円換算で投資元本を割込み、損失を被る場合がございます。【FX】外国為替証拠金取引(以下、「FX」という。)は預託した証拠金の額を超える取引ができるため、対象通貨の為替相場の変動により損益が大きく変動し、投資元本(証拠金)を上回る損失を被る場合があります。外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。対象通貨の金利変動等によりスワップポイントの受取額が増減する可能性があります。ポジションを構成する金利水準が逆転した場合、スワップポイントの受取から支払に転じる可能性があります。為替相場の急変時等に取引を行うことができず不測の損害が発生する可能性があります。【各商品共通】システム、通信回線等の障害により発注、執行等ができず機会利益が失われる可能性があります。

保証金・証拠金

【信用】最低委託保証金30万円が必要です。信用取引は委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の30%以上の委託保証金が必要です。【先物・オプション】発注必要証拠金および最低維持証拠金は、「(SPAN証拠金額×当社が定める掛け目)-ネットオプション価値の総額」とし、選択取引コース・取引時間によって掛け目は異なります。当社のWebサイトをご確認ください。また、変更の都度、当社のWebサイトに掲載いたします。【株価指数証拠金取引】発注証拠金(必要証拠金)は、株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Webサイトで最新のものをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じた所要額を加えた額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。一部レバレッジコースの選択ができない場合があります。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)は、取引所FXでは、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭FXでは、取引金額(為替レート×取引数量)×金融先物取引業協会が公表する数値とします。発注証拠金に対して、取引所FXでは、1取引単位(1万又は10万通貨)、店頭FXでは、1取引単位(1,000通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位は通貨ごとに異なります。Webサイトで最新のものをご確認ください。

手数料等諸費用の概要(表示は全て税込・上限金額)

【日本株】取引手数料には1注文の約定代金に応じたワンショットと1日の合計約定代金に応じた定額プランがあります。ワンショットの上限手数料は現物取引で3,300円、信用取引で1,320円。定額プランの手数料は現物取引の場合、約定代金100万円以下で上限880円、以降約定代金100万円ごとに550円加算、また、信用取引の場合、約定代金200万円以下で上限1,100円、以降約定代金100万円ごとに330円加算します。手数料プランは変更可能です。信用取引手数料は月間売買実績により段階的減額があります。信用取引には金利、管理費、権利処理等手数料、品貸料、貸株料の諸費用が必要です。【上場新株予約権証券】日本株に準じます。【中国株】国内取引手数料は約定金額の1.1%(最低手数料5,500円)。この他に香港印紙税、取引所手数料、取引所税、現地決済費用の諸費用が必要です。売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【外貨建て債券】外貨建て債券を募集・売出し等により、又は当社との相対取引により購入する場合は、購入対価のみをお支払いただきます。外貨建て債券の売買、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。【先物】取引手数料は、通常取引コースの場合、日経225先物が1枚につき330円(取引枚数により段階的減額あり)、日経225mini、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物、東証マザーズ指数先物、JPX日経インデックス400先物が1枚につき44円、TOPIX先物、日経平均VI先物が1枚につき330円、NYダウ先物が1枚につき880円。アクティブ先物取引コースの場合、日経225先物が1枚につき275円、日経225miniが1枚につき27円です。【オプション】取引手数料は、日経225オプションが約定代金に対して0.176%(最低手数料220円)、TOPIXオプションが約定代金に対して0.22%(最低手数料220円)です。【株価指数証拠金取引】取引手数料は、セルフコースは1枚につき156円、サポートコースは1枚につき3,300円です。【投資信託】お申込みにあたっては、当該金額に対して最大3.85%の申込手数料をいただきます。換金時には基準価額に対して最大0.75%の信託財産留保金をご負担いただく場合があります。信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大2.42%(年率))、その他の費用を間接的にご負担いただきます。また、運用成績により成功報酬をご負担いただく場合があります。詳細は目論見書でご確認ください。【FX】取引所FXの取引手数料は、セルフコースはくりっく365が無料、くりっく365ラージが1枚につき1,018円、サポートコースはくりっく365が1枚につき1,100円、くりっく365ラージが1枚につき11,000円です。店頭FXの取引手数料は無料です。スプレッドは、通貨ごとに異なり、為替相場によって変動します。Webサイトで最新のものをご確認ください。

お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項等をよくお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。

商号:岡三オンライン証券株式会社/金融商品取引業者 
関東財務局長(金商)第52号

加入協会:日本証券業協会一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会