2. 現物株式編

効果検証 ~高値・安値の両方切り下がりで売り~(1)

注目銘柄や保有銘柄などについて、「高値・安値の両方切り下がりで売り、そうでなければ保有」が有効であったのかどうかを検証します。

「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」を起動してください。

まだダウンロードしていない場合はこちらからどうぞ

サンプルシートのダウンロード

上手く表示されなかった場合は「岡三RSSFAQ」をご覧ください。

【注意】過去3年間の株価変動をもとにした検証効果であって、将来の利益が保証されるものではありません。また、ストップ高・安の場合に売買できない可能性は考慮しておりませんのでご注意ください。
また、過去10営業日の売買代金平均が5,000万円未満の場合には、当該銘柄の流動性が低く、シミュレーション通りの値段で売買できない可能性が高いため、売買しないものとしてシミュレーションを行います。

「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」:銘柄、取引株数入力画面

まず、「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」を起動してください。
黄色いセルに必要事項(銘柄コード、取引株数)を入力すると、シミュレーション結果の詳細が右側の表中に、グラフが下に表示されます。

「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」起動時の画面

「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」起動時の画面

「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」入力部詳細(黄色セルに必要事項を入力)

「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」入力部詳細(黄色セルに必要事項を入力)

「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」シミュレーション結果詳細

「【現物株式】売却買い直し効果検証シート」シミュレーション結果詳細

上図のように、銘柄コード「8411」と取引株数「2000」を入力すると、過去3年間の株価変動をベースに、手数料を加味して損益を計算し、「高値・安値の両方切り下がりで売り、そうでなければ保有」、が有効であったのか、有効ではなかったのか、を表示します。

図中は原稿執筆時点の損益です。利用時点では各数値は異なりますので、ご注意ください。