iDeCo(個人型確定拠出年金)

岡三オンライン証券ではじめるiDeCo

将来の自分のために、今できること 個人型確定拠出年金 iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは

iDeCoとは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金の1つです。
セカンドライフの資金作りのため、
(1)加入者が毎月掛金を拠出し
(2)自身で用意された金融商品で運用を行い
(3)60歳以降に年金または一時金で受け取ることができる
制度で、一言でいうと“自分で老後の資産を準備するための制度”です。

iDeCoキャッシュバックキャンペーン

iDeCoの3つの税制メリット

(拠出時)毎月の掛金が全額「所得控除」

所得税と住民税を合算して年間8万2800円の節税効果
課税所得 所得税率 住民税率 月額掛金
1.2万円/月
(14.4万円/年)
2.3万円/月
(27.6万円/年)
6.8万円/月
(81.6万円/年)
税制メリット
195万円以下 5% 10% 2.16万円 4.14万円 12.24万円
195万円超~330万円以下 10% 2.88万円 5.52万円 16.32万円
330万円超~695万円以下 20% 4.32万円 8.28万円 24.48万円
  • 課税所得=給与所得-社会保険料控除と基礎控除等その他控除額の合計額

(運用時)分配金などの運用収益が全額「非課税」

所得税と住民税を合算して年間8万2800円の節税効果
  • 毎月2万3000円の掛金で年3%で運用した場合

あくまでも仮定に基づいた試算ですので、将来の運用成果を保証するものではありません。

(受取時)退職金や年金として「所得控除」が適用

所得税と住民税を合算して年間8万2800円の節税効果
  • 30年間の積立を一時金で受取る場合
  • 確定拠出年金の給付金を一時金として受け取る場合は「退職所得控除」、年金として受取る場合は「公的年金控除」が受けられます。

注意点

  • 原則、60歳まで引き出すことはできません。
  • 掛金をご自身で運用するため、60歳以降に受け取ることができる年金額は、運用次第で変わります。
  • 毎月一定の手数料がかかります。

iDeCoの詳細やお申込はこちら

iDeCoの制度概要や商品ラインアップ、手数料等諸費用、加入方法等につきましては、運営管理機関である岡三証券の個人型確定拠出年金(個人型DC)をご覧ください。

岡三証券の確定拠出年金(個人型DC)

上記バナーをクリックすると、岡三証券の個人型確定拠出年金のページにつながります。
ご質問等は岡三証券DCプランニング室(0120-031703)までお問い合わせください。

岡三証券の確定拠出年金(個人型DC)

  • 岡三証券は、厚生労働省と金融庁の承認を受けた確定拠出年金制度の運営管理を行う専門機関です。(登録番号667)
  • 岡三オンライン証券は岡三証券から再委託を受け、国民年金基金連合会に登録された個人型確定拠出年金の受付金融機関です。(受付金融機関コードB008)
  • 運営管理機関は、岡三証券となりますので、岡三オンライン証券は個人型確定拠出年金の申込受付のみを行い、運用商品の選定・提示、商品の情報提供、投資教育等の運営管理業務は、岡三証券で行います。

注意事項

  • 制度への加入に関する最終決定はお客さまご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
  • 個人型DCは原則60歳まで引き出すことができません。
  • 資産運用の結果によっては元本を下回る場合があります。
  • 加入中は所定の手数料がかかります。
  • 本サイトの記載は、岡三オンライン証券が信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
    また、本サイト中の記載内容、数値、図表等は、本資料作成時点のものであり、事前の連絡なしに変更される場合があります。
    なお、本サイトに記載されたいかなる内容も将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。
  • 自然災害等不測の事態により金融商品取引市場が取引を行えない場合は売買執行が行えないことがあります。
  • 制度への加入に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いいたします。
ページトップへ