投資情報

投資情報一覧

  • 株式市況
  • 為替市況 日替わり武部
  • 配信中のWebセミナー

※画像クリックで拡大表示します
9月16日大引け 日経平均-36.76円「6営業日ぶりに小反落、様子見姿勢が強まる」
日経平均株価「日中足」
日経平均株価
15,911.53円(前日比-36.76円)
TOPIX
1,310.86(前日比-2.86)
出来高概算
18億6,623万株
売買代金概算
2兆317億円

米FOMCの開催を控え投資家の様子見姿勢が強まる中、高値警戒感も相まって、利益確定売りに押された。後場は円が対ドルで下落幅を拡大したことから、日経平均は、再び買い戻しの流れが強まり、結局36円安の15,911円で取引を終えた。
本日は東証33業種中、上昇した業種は10業種、下落した業種は23業種であった。上昇率上位の業種は1位情報・通信業、2位空運業、3位精密機器であった。下落率上位の業種は1位不動産業、2位保険業、3位ゴム製品であった。日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位SUMCO、2位ソフトバンク、3位東海カーボとなっている。一方、下落率ランキングは1位大平洋金、2位東京ドーム、3位東邦鉛となった。
物色面では、三菱UFJFGや大和証Gなどの金融株、三井不や住友不などの不動産株が終日冴えない動きとなり、ヤマハ発やエプソン、ブリヂストンなどの輸出株も軟調に推移した。また、住友鉱や大平金などの非鉄株の下落が目立ち、楽天やぐるなびなどのネット関連株も売りに押された。半面、ソニーやタムラ製、TDKなどアップル関連株が買われたほか、三井物などの商社株や、牧野フ、ダイフクなど機械株の一角が底堅く推移した。個別では、アリババが公募・売り出しの仮条件を引き上げたことからソフトバンクが商いを伴って上昇し、12日引け後に15/2期通期業績見通しの上方修正と中間配の実施を発表したディップが13.7%高となった。また、メドピアや本多通信、新日科学がストップ高となり、サンリオやSUMCOが大幅に続伸した。東証一部の値上がり銘柄数は878、値下がり銘柄数は802、変わらず148。(岡三オンライン証券)

取引所CFD2014年09月12日(金)~2014年10月12日(日)
もうすぐ配当!注目度が高まる「株365」の魅力を徹底解説!~くりっく株365の概要と特長~ (NEW!)
甕川 誇章 氏 (株)東京金融取引所 証拠金営業部株価指数グループ
FX・株式・先物OP2014年09月08日(月)~2014年10月08日(水)
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 ~株・為替・先物、全ての投資家注目の60分!~
YEN蔵(田代 岳)氏 株式会社ADVANCE 代表取締役
武部力也 岡三オンライン証券(株) 投資戦略部部長
日本株2014年09月01日(月)~2014年10月01日(水)
【日本株式特別セミナー】9月相場のポイントと注目点 ~方向感に乏しい状況下の投資戦略~
大場 敬史 岡三証券(株) 日本株式戦略グループ シニアストラテジスト
fop2014年08月29日(金)~2014年12月31日(水)
(JPX共催)岡崎良介氏の「大SQ直前!短期トレード戦略と政策転換を踏まえた中期展望戦略」
岡崎 良介 氏 マーケットアナライズ 代表
fop2014年08月08日(金)~2015年02月08日(日)
【大阪取引所共催】10分間でわかる!日経225mini
大塚 菜生 氏 株式会社東京証券取引所 マーケット営業部 兼 大阪取引所市場企画部
fop2014年06月20日(金)~2014年12月20日(土)
【大阪取引所共催】10分間でわかる!東証REIT指数先物取引
大塚 菜生 氏 株式会社東京証券取引所 マーケット営業部 兼 大阪取引所市場企画部
fop2014年05月23日(金)~2014年11月30日(日)
【大阪取引所共催】10分間で総復習!NYダウ先物取引
大塚 菜生 氏 株式会社東京証券取引所 マーケット営業部 兼 大阪取引所市場企画部

新着マーケットコメント

マーケットコメント一覧

キャンペーン

キャンペーン一覧

システム関連のお知らせ

 
お知らせ
現在システム関連のお知らせはございません。
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!
  • 日本市場や日本企業の再認識と情報発信を考える懇談会
スモール・モンスターズ・ジャパン