同じ株価指数を売買する日経平均先物取引と「くりっく株365」の違いはなに?

同じ株価指数を売買する日経平均先物取引と「くりっく株365」の違いはなに?

「くりっく株365」で日経225を売買する場合、それに最も近い商品内容を持っているのが、日経平均先物取引です。日経平均先物取引も、「日経225mini」という取引がスタートし、以前に比べれば、小口取引が可能になりました。
では、「くりっく株365」で日経225を売買するのと、どういう点が異なるのでしょうか。すでに日経平均先物取引をしている方が、改めて「くりっく株365」で日経225を売買するメリットはあるのでしょうか。今回は日経平均先物取引と「くりっく株365」の日経225証拠金取引の違いについて考えてみたいと思います。

日経平均先物取引をしている人にとって、「くりっく株365」で日経平均を売買するメリットはあるのでしょうか。

日経平均先物取引も、「くりっく株365」で日経平均株価を取引するのも、投資効果という点ではあまり大きな違いはないように思えるのですが、使い勝手という点では、いろいろな違いがあります。
たとえば取引時間などは、「くりっく株365」の日経225の方が、ほぼ24時間対応なので、取引しやすいといえるでしょう。ちなみに日経平均先物取引の場合だと、夜間取引の時間を含めても、午前8時45分から翌日午前5時30分までです。したがって、日本時間の午前6時15分(夏時間で午前5時15分)まで米国市場のCMEなどで売買されている日経平均先物取引の値動きに対応することができない時間帯が生じます。
しかし、「くりっく株365」の日経225なら翌日の午前6時(夏時間で午前5時)まで売買できるので、米国市場で日経平均株価が急に変動した時でも、それに対応することができるのです。

日経平均先物取引の場合、取引期限があるのですが、「くりっく株365」にはないのですか?

日経平均先物に限らず、先物取引には「限月(げんげつ)」と呼ばれる取引期限が決められています。つまり、取引期限までに、買いから取引を始めた人は売り、売りから取引を始めた人は買い戻すことによって、取引を清算する必要があります。言い方を替えると、その取引期限が到来するまでに、損益を確定させなければならないのです。

日経平均先物取引の場合、各限月の取引期限は最大で1年3カ月ですが、活発に取引されるのは直近限月ですので、3カ月間となります。一方「くりっく株365」には取引期限がありません。

解説図

「くりっく株365」の方が余裕を持って保有できるということですか?

最初から取引期限が決められているというのは、投資家からすれば少なからずプレッシャーになると思います。何しろ、その期限内に損益を確定させなければならないのですから。
もっと長く保有したいという方は、取引期限のない「くりっく株365」で株価指数を売買するメリットがあると思います。

リスクはどちらの方が高いのですか?

日経平均先物取引も証拠金を用いた取引ですし、「くりっく株365」と同じようにレバレッジをかけて売買しますから、リスクという点では違いはありません。その意味では、「くりっく株365」で株価指数を売買する際にも、しっかりとしたリスクコントロールが必要ということになります。

日経平均先物取引とくりっく株365どちらが有利? ・「くりっく株365」は、ほぼ24時間の取引が可能。 ・日経平均先物取引は、夜間取引の時間を含めて午前9時から午後11時30分まで。 ・「くりっく株365」には日経平均先物取引のような取引期限はない。 ・(日経平均先物取引の場合、取引期限は最大で約3カ月)
  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ