株価指数ってなに?

株価指数ってなに?

「くりっく株365」の投資対象は日経平均株価などの株価指数です。ここでは、取引の対象となる株価指数はどういうものなのか考えてみます。

どんな株価指数を取引できるの?

現在、「くりっく株365」で東京金融取引所に上場している株価指数は「日経平均株価(日経225)」、「NYダウ」、「DAX®」、「FTSE100」の4種類です。それぞれ日本、アメリカ、ドイツ、イギリスの株価指数となります。

日経平均株価と東証株価指数はどういう点が違うのですか?

日経平均株価とは、東証1部市場に上場されている全銘柄の中から、代表的な225銘柄を抽出して、その株価を平均したものと考えていただければ良いと思います。

これに対して東証株価指数(TOPIX)というのは、1968年1月4日の時価総額を100として現在の時価総額を指数化したものです。ちなみに2012年9月3日時点のTOPIXは728.63ポイントですが、これは1968年1月4日の時点から見て、時価総額が7.28倍になっていることを意味しています。

日経平均株価、もしくはTOPIXの値動きは何を意味しているの?

株式市場全体の値動きを示しています。これらはすべて個別銘柄の株価の集合体のようなものですから、個別銘柄が全体的に値上がりすれば、日経平均株価もTOPIXも上昇することになります。

株価指数が上昇、下落するのは、どういう時?

株価は景気の先行指標と言われます。つまり、近い将来、景気が回復しそうだということになると、株式が買われ、個別銘柄の株価が値上がりし、それを反映して株価指数も上昇傾向をたどるようになります。
株価指数は日本だけでなく、例えば米国ならダウ工業株30種平均(NYダウ)、香港ならハンセン指数というように、海外の株式市場にも、その全体の動向を現す株価指数が多数存在していますが、いずれも景気が回復基調に入りそう、もしくは回復基調にあるというところで、上昇傾向をたどることになります。

株価指数ってなに? 株価指数の値動きは株式市場全体の値動きを示している。
  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ