信用取引の決済方法

信用取引入門 信用取引の決済方法

決済というのは、取引の終わらせ方のことです。ふつうは買ったものは売って終わり(決済)ですが、信用取引の場合、いくつかの終わらせ方(決済方法)があります。

「反対売買」と「現引き」「現渡し」

まず、信用取引で株を買った場合の決済方法をご紹介しましょう。決済の方法は2種類です。

1つ目は「反対売買」つまり、売却です。一般的な信用取引の中では、圧倒的に売却による決済がほとんどです。
そしてもう一つは、「現引き」と言われる方法です。「現引き」とは、信用取引で買ったときの買値で、改めて資金を支払うことで、実際にその銘柄を現物株として入手することです。これをすれば、信用取引ではなく現物でその銘柄を持つことになり、以降、金利はかからず、期日も関係ありません。
例えば、信用取引の「期日」が来たけれど、まだ株価は上昇しそうだ、というときには、売却して決済するのがもったいない場合があります。そういったときに、資金があれば、その株を「現引き」し、長期保有に切り替えます。

信用取引で株を空売りした場合も、ほとんどの場合、「反対売買」つまり「買戻し」によって決済をします。
しかし「現渡し」という方法もあります。これは、空売りしたその株を、実際に証券会社に渡すことです。この手法をとるのは多くの場合、現物株を保有しているにも関わらず、その株を、ヘッジのために空売りした場合です。このようなヘッジの手法を「つなぎ売り」と言います。

  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ