先物取引ってなに?

先物取引ってなに?

先物取引とはどういうものですか?

先物取引とは、いわゆるデリバティブ(派生商品)のひとつで、価格や数値が変動する各種商品や指数について、将来の売買についてある価格での取引を保証するものをいいます。
先物取引と聞くと、原油やトウモロコシなどの商品を対象とした商品先物取引を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、株の世界でも価格の決まっていない未来の株を取引する先物取引があります。また、個別の株だけではなく日経225などの株価指数を対象とした先物取引もあります。

どのように取引されているのですか?

簡単にいうと先物取引は、買建価格(売建価格)と転売価格(買戻価格)の差額で決済を行います。つまり、買いからも売りからも取引を開始することができるので、相場が上がり、下がりどちらの局面でも利益を狙うことができます。
「買い」からはじめた場合は、「売り(返済)」すれば決済完了。「売り」からはじめた場合は、「買い(返済)」すれば決済完了となります。取引最終日までに決済しないとSQ決済といって、SQ=特別清算指数で決済されることになります。(※SQについて、詳しくは別途説明します。)

例1)日経225先物を9,000円で1枚買建てし、10,000円に値上がりしたところで決済をした場合

例2)日経225先物を9,000円で1枚売建てし、8,000円に値下がりしたところで決済をした場合

上記の例では、どちらもコスト(手数料など)を考えないと先物1枚につき1,000円分の利益となりますね。(実際の取引では、商品によってその1,000倍・100倍の金額となります。)

どうすれば儲かりますか?

いい質問ですね。
さきほどの例のように、「安く買って、高く売る」もしくは「高く売ってから、安く買い戻す」これが確実に出来れば、儲かります。 株式の信用取引と違って、金利・貸株料・逆日歩(ぎゃくひぶ)が発生しませんので、買いから取引を始めても売りから始めても有利不利がありません。
重要なのは、「損は小さく、利益は大きく」を目指すことです。
小さく勝っても(1万円プラス)、次に大きく負ければ(10万円マイナス)、合計で大きな損失になってしまいます(9万円マイナス)。

わかりました。
では、なぜ岡三オンライン証券で取引すると良いのですか?

特に「手数料の安さ」と「豊富な取引ツール」が魅力です。
手数料はお客様にとってコストです。取引コストを下げて収益を上げる機会を増やしてほしいというお客様の声から、岡三オンライン証券は、明確なポリシーをもって「業界最低水準」の手数料をご提供します。 また、アクティブ投資家に人気のスピード注文機能や分析チャート、先物OPボードを実装した無料の取引ツールから、Excel®での関数だけでシステムトレードまで行えるオリジナルツールもご用意しています。 さらに岡三ネットトレーダースマホFは、AndroidでもiPhoneでも使えるスマートフォンツールです。これから取引をはじめる方にもおすすめです。

その他に特徴はありますか?

その他の特徴としては、日経平均株価(日経225)やTOPIXなどを対象(=原資産)にした株価指数先物取引のため、個別銘柄のように倒産リスクがない、個別銘柄の選択・分析を行う必要もなく価格水準の把握が比較的容易であること、証拠金取引なので証拠金(=担保)を差し入れることで少ない元手で大きな取引(=レバレッジ取引)ができるということです。

【レバレッジ取引について】
例)日経225先物を1枚(=1単位)買建する場合
300,000円(当社必要証拠金2012年8月10日現在)で約8,900,000円の取引が可能 (手数料等は考慮せず)

8,900,000円÷300,000円=29.67倍 (およそ30倍)

また、日経平均株価やTOPIXなどの指数を原資産とするので、理論的には期日に対象指数と同値に収斂していくことになります。
例えば、期日までの期間において、日経225先物の価格が適正な水準かどうかを図るものとして日経平均株価の理論価格があり、これを参考に取引をする方法もあります。

日経平均先物の理論価格

日経先物価格と日経平均株価の関係イメージ

  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ