ニュージーランド経済・為替ガイドブック

ニュージーランド経済・為替ガイドブック

目次

1.ニュージーランドの基本情報

国名 ニュージーランド
(New Zealand)
面積 27万534km²(日本の約4分の3)
首都 ウェリントン
人口 約440万人
(2012年5月末、NZ統計局推計)
言語 英語、マオリ語
宗教 キリスト教55.6%
(うち英国国教会約14%)
国土 酷暑、厳冬のない温暖な気候に恵まれており、北部は亜熱帯、南部は温帯の気候区分に属する。南北に長い地形のため、北にはビーチが広がり、中央部には地熱地帯、南にはフィヨルドや氷河などバラエティ富んだ景観がみられる。
日本との
つながり
ニュージーランドにとって日本は、中国、豪州、米国に次ぐ貿易相手国。NZの小中高学校における日本語学習者は約3万人と、仏語に次ぐ。

出所:外務省

1-1.酪農大国ニュージーランド

NZの品目別輸出構成比(2013年)

出所:NZ統計局

NZの放牧家畜数(2012年)

出所:NZ統計局

  • 全脂粉乳、羊肉、バターの輸出シェアは世界第1位である(2011年)
  • ニュージーランドは酪農品や肉類、木材などの農林水産業が輸出の大部分を担っている

1-2.中国の生活水準向上からの恩恵が拡大

NZの国別輸出額

出所:NZ統計局、直近は2014年2月分

最近発効したNZのFTA(2013年9月時点)

  • NZは中国以外とも積極的にFTA交渉を進め、ビジネスチャンスの拡大を狙っている
  • NZは2008年に中国との間で自由貿易協定(FTA)が発効した
  • 中国では、食の西洋化や粉ミルク問題を背景に、NZ産の酪農品需要が高まっている
  • 食料品需要は景気の影響を受けにくいこともあり、足元では中国向け輸出が、それまで首位であった豪州向けを上回った

1-3.人口の増加を受け発展した住宅市場

NZの人口ピラミッド(2012年6月)

出所:NZ統計局

NZの住宅販売価格(前年同月比)

出所:NZ交通省、直近は2014年2月

  • NZは外国生まれの人口の比率が23.6%(2011年)と移民比率が高く、人口増加が続く中で人口構成も若い
  • こうした移民の増加は、住宅に対する高い需要につながっている
  • 足元では超低金利政策の効果やカンタベリー地震(2011年)からの復興需要から、住宅価格の上昇ペースは加速している

1-4.健全性を保ちながら、高い経済成長率も達成

2013年の総政府債務残高(GDP比、見通し)

出所:IMF

GDP成長率見通し

出所:IMF

2013年の財政収支(GDP比、見通し)

出所:IMF

  • NZの財政状況は安定しており、総政府債務残高、財政赤字の規模は他の先進国と比較しても良好といえる
  • それにもかかわらず、経済成長率は他の先進国を上回っている

2.2013/14年度の財政黒字化に向け前進

NZの財政収支(GDP比)

出所:NZ財務省、財政年度は7~6月

4年間の新規支出(単位:億NZドル)

  • 2008/09年度以降、金融危機と震災の影響から歳出拡大を余儀なくされ、財政赤字が続いていた
  • 今後は2~3%の経済成長と政府による財政健全化政策の進展により、当初の目標であった2014/15年度までの財政黒字化を達成する見込みである
  • これに伴い、2013/14年度から復興作業以外の新規投資を盛り込んだ予算案を作成した

3.インフレ・金融政策および国債利回り

NZのインフレ率と政策金利

出所:NZ統計局、NZ準備銀行、直近は政策金利が2014年3月分、インフレ率が2013年10-12月期分

NZの国債利回りと政策金利

出所:Datasteram、直近は2014年3月28日分

  • 2014年3月、NZ中銀は他の先進国に先んじて0.25%の利上げを決定
  • NZのインフレ率は低位ではあるが上向きつつあり、実体経済も住宅市場をはじめとして、2011年の震災から持ち直している。当面、利上げ局面が継続するとみられる
  • NZの国債利回りは、すでにある程度の利上げを織り込みつつある。今後は利上げペースを見極めながら、もみ合いの展開となろう

岡三証券株式会社 グローバル金融調査部
2014年4月1日

ページトップへ