信用取引と現物取引の違い

信用取引入門 信用取引と現物取引の違い

株取引には資金の範囲内で取引する「現物取引」と、資金を借りて手元資金以上の取引が可能な「信用取引」があります。信用取引は現物取引よりも資金効率を上げることができるうえ、下落局面でも利益を追求することができる便利な取引です。ここでは、信用取引のメリットについて説明します。

信用取引の2大メリット

信用取引を使えば、株式市場で可能な取引が大きく広がります。わかりやすいメリットとしては、次の二つが挙げられるでしょう。
一つは、取引金額のメリットです。現物取引では、100万円あれば100万円分の株式しか買えませんが、信用取引なら、100万円(現金か有価証券)を担保(委託保証金)にして資金を借り、その約3倍、300万円近くの株式を買うことができます。ただし、証券会社によって、最低の委託保証金(岡三オンライン証券では30万円)が決められていますので、あまり少額ではできないこともあります。

信用取引のもう一つのメリットは、下げ相場でも利益を狙えることです。信用取引では、「空売り」という手法で、保有していない株式を売ることができます。空売りしたあと、下がったところで買戻せば、下落相場での利益を取ることができるわけです。

ただし、このように、取引の幅が大きく広がる代わりに、リスクも大きくなります。信用取引を始める前に、そのリスクについても十分に理解しておきましょう。

  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ