ドル/円のトレード方法について

ドル/円のトレード方法について

外国為替取引、FX(外国為替証拠金取引)取引を初めて行なう大半の方が最初に取り組むのが「ドル/円」相場、とイメージしているのですがいかがでしょうか。

それはテレビやラジオ、新聞や雑誌で「アメリカ」「日本」のあらゆる報道がなされることから、それぞれのファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に対して自然と触れていることが一つの理由として挙げられます。

例えば、スポーツニュースではアメリカで活躍している日本人大リーガー選手の年俸が話題になると「ドル/円」相場との関係から「円換算するといくらなんだろう?」と計算したことがある方も多いのではないでしょうか。

日米間の貿易額からハリウッド映画やロックスターの興行成績まで、ありとあらゆるものに関して「ドル/円」相場とは切り離されないものかもしれません。そうした意味ではアメリカと日本の歴史的な経緯も含めて生活の一部として自然に取り込まれている “通貨ペア”だと思います。

アメリカ(≒米国ドル)を日本円で評価して売買する、と考えるとちょっとダイナミックな投資ですね。

では、その「ドル/円」相場、どのような取引で挑んだら良いのでしょうか。いわゆるドル/円のトレード手法に関して今回は解説させていただきます。

『トレード』とはどういうことか

「ドル/円のトレード手法?なんか難しそうだな」―。
確かに「1ドルを日本円で売買する」と考えると少し身構えてしまうかもしれません。

そこでドルをりんごに置き換えて考えてみてください。どうでしょうか?
りんごを安く買って高く売る、高く売って安く買う・・。

「トレード(trade)」。辞書で調べれば【取り引き】とありますが、一般的には、趣味や実益の分野に問わず、ありとあらゆるものが取引されています。

【不動産・人気アイドルのポスターやチケット・骨董品・絵画・車・etc】

このように「ドル」を他のものと置き換えて考えれば、決してトレード自体が難しいのではなく、ドルの評価・価値をどのように考えるかが問題になるはずです。

つまり趣味や実益の分野で売買されているものと同様の考察が求められます。

ドルに対する円での評価基準

「実は取引自体、本当にしたことが無いんです・・」-。 いえいえ、心配しないでください。

ドル/円の売買とはドルに対する円での評価基準ですよね。

例えば、ドルを前出のりんご、またはケーキ、絵画、趣味や実益のものに置き換えてみれば、売買の経験がなくても、好き嫌いの範疇からでも評価基準を出せるはずです。

物の価値が上下する理由は評価基準、市場(世間)の人気(好き)、不人気(嫌い)が左右する、とも言えます。そして買いたい人(好きな人)、売りたい人(嫌いな人)が対象物の「価格」「レート」を形成し「相場」を作ります。

トレード手法に必要な考察とはなんでしょうか。

それはドル/円のトレード手法に限らず、売買されるあらゆる分野で同様かと思いますが、まずは評価基準を計る方法を知ることです。それがドル/円のトレード手法に繋がるはずです。

レートの評価基準を計る方法

評価基準を計る方法を知ればドル/円のトレード手法に繋がるはず、と申し上げました。
では、その方法は何か?占い?勘?

もちろん、否定はしませんが、一般的にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が重要視されます。

テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析
定義 チャート・罫線からの値動き、時間、出来高などのデータを基に分析 価格変動の本質的な政治・経済的な要素を基に分析
目的 将来価格の方向性を予測する為 将来価格の方向性を予測する為
前提 価格の動きからトレンドを探る 経済条件の変化や需給を示す数値から探る

ファンダメンタルズでドルと円の環境を測り、テクニカルで具体的な水準を計る。
この2つはトレードに必要な両輪、とも言えるでしょう。

そして、ご自身のライフスタイルや性格でもトレード手法は違うはずですが例えば10分後、1時間後のドルの値段を予想するのか、1週間後や1ヵ月、数ヶ月後、1年後の値段を予想するかでドル/円の評価の仕方が変り、トレード手法にも違いが生じるはずであります。

“トレード手法”を“ドライブ手法”という言葉に置き換えてみてください。
距離や目的により車の種類も変わりますよね?。同様です!

ドル/円のトレード手法

ドル/円のトレード手法には短期投資と中・長期投資の2つに大別できるかと思います。
「デイトレーダー」というのを聞いたことがありますか?
日計りでのトレード手法、つまりデイトレード手法が主体です。

そのデイトレードの中でも、数秒~数分の間にわずかな値幅があっただけで売買および反対決済を成立させる手法であるスキャルピング(語源は「薄皮を剥ぐ」)で挑む人達は“スキャルパー”と呼ばれています。

同じ短期取引でも2~10日程度の持ち越しを行うスイングトレードと呼ばれる手法を用いる人たちは“スイングトレーダー”と呼称したりします。

対して中期投資でのトレード手法としては、保有期間を設定し、数週間から数カ月の期間で売買を行うポジショントレードと呼ばれる方法があります。

長期投資は目先の乱高下に惑わされず、ファンダメンタルズの大局を俯瞰的に見てテクニカルで時間軸を捉えていくトレード手法と言えますでしょうか。

短期投資と中・長期投資でのトレード手法はそれぞれ比重は変るものの、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のいずれも欠かせないものであることは間違いありません。

万物全てには評価された価値がある。
すなわち、ドル円のトレードとは、ドルの価値を知り、円で売買をすること。
そして、アメリカ(米ドル)を円で評価するという、世界有数のダイナミックな取引である。

岡三オンライン証券のFXについて

岡三オンライン証券のFX(くりっく365)や店頭FXが気になる方はこちらから!

  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ