投資信託の選び方

投資信託の選び方

投資信託を選ぶにはどうすればいいの?

投資信託を選ぶには、まず投資信託がどのような資産に投資して、どのように運用されているのかを知ることが必要です。詳しい分類については、別途解説をしますが、「投資地域」、「運用対象」、「運用方針」、「分配方法」、の4項目を押さえれば大まかな分類をすることができます。

投資地域 ・・・ 国内、海外(先進国)、海外(新興国)、個別国など
運用対象 ・・・ 株式、債券、不動産(リート等)、商品(コモディティ)、
ヘッジファンドなど
運用方針 ・・・ 大型株、中小型株、バリュー型、グロース型、
フリー型、テーマ型、ブル・ベア型、インデックス型、
アクティブ型など
分配方法 ・・・ 分配金受取型、再投資型など

商品がたくさんありすぎて選べないのですが?

当社の場合、お客様が興味があるような商品について個別の商品の銘柄名だけではなく、特徴やテーマからも商品を選ぶことができるようになっています。

具体的な例を挙げて、当社の投資信託の選び方について説明します。

国名、地域名、リート、ソブリン、イールド債、エマージング、オープン
毎月分配、ノーロード、為替ヘッジなど

例)アジア・オセアニア地域の株式で運用する商品を類推する方法

まず、投資信託のサイトに表示されている「ファンド詳細検索」をクリックします。

次に、【アセットタイプの「海外株式」-投資地域の「アジア・オセアニア」】をクリックします。

以上の操作で、アジア・オセアニア地域の株式に投資する投資信託の一覧が右下に表示されます(商品によっては、個別国名で分類されているものもありますので、アジアオセアニア地域に属する中国などに投資をしていても表示されないものもあります)。

【用語解説】

ノーロード: 投資信託協会によると、『投資信託を購入する際には「販売手数料」(申込み手数料)と呼ばれる手数料が徴収されるが、「販売手数料」がかからないことをノーロード、また、販売手数料のかからない投資信託をノーロードファンドと呼ぶ。』となっていることから、販売手数料がかからないことを意味します。
ちなみに、ロード(load)とは、アメリカでは投資信託の販売手数料のことを、「front-end load」と呼んでおり、ここから日本では「販売手数料=ロード」と呼んでいます。
為替ヘッジ: 為替変動リスクを回避することをいいます。円高が続くような局面では、メリットが大きいですが、為替ヘッジをすることによるデメリットもあります。例えば、円安になった場合、本来受取ることができる為替差益を享受することができません。為替ヘッジにはコストがかかりますので、その分が手数料などに上乗せされます。また、為替変動リスクの回避を目的とはしますが、必ずしも完全に為替変動リスクを回避できるわけではありません。

耳慣れない名前の商品が多いのですが、どうやって選べばいいのでしょうか。

投資信託への投資に不慣れなうちは、特徴やテーマで商品を絞り込んだとしても、最終的にどの商品を選んでいいのか悩むこともあるでしょう。この場合、複数の商品のパフォーマンスを比較して商品を選ぶという方法も選択肢の1つですが、まずは興味を持った商品がどのように運用されているのかを見ることも重要です。
各商品ごとに月次レポートや販売用資料などがありますので、内容を確認することで、商品の運用方針や名前に使われている語句の意味についても分かるようになります。 商品を数多く見ることにより、徐々に投資信託に慣れてくれば、商品名を見るだけでおおよその商品分類や運用方針についても分かるようになります。

他にどんな分類方法があるのですか?

投資信託は、投資地域や投資資産により様々な分類の商品があり、一様に説明することが難しい商品です。このため投資信託協会が、分類について定義づけを行っているので、ここではその分類についてみていきます。

まず、投資信託は「株式投資信託」と「公社債投資信託」の2つに区分することができます。名称からも分かりますが、株式を投資対象に含めるかを約款で規定しているかどうか、が分類のポイントとなります。
この分類により、収益にかかる税率等が変わりますので、注意が必要となります。

次に、投資信託を大まかな商品分類にわけると、下表のようになります。

商品分類
単位型・追加型 投資対象地域 投資対象資産
(収益の源泉)
独立区分 補足分類
  • 単位型
  • 追加型
  • 国内
  • 海外
  • 内外
  • 株式
  • 債券
  • 不動産投信
  • その他資産
  • 資産複合
  • MMF
  • MRF
  • ETF
  • インデックス型
  • 特殊型

この分類については、統一的な投資信託の分類方法として投資信託協会が制定しているものであり、投資信託の目論見書にも記載してあります。
各々が何を表示しているかについて、解説します。

単位型・追加型: 購入可能期間がどのように設定されているかを表しています。
(単位型は募集期間中のみ購入可能で、追加型は運用中は随時購入可能)
投資対象地域: 主な投資収益が、実質的にどの地域の資産を源泉とするかを表しています。
投資対象資産: 主な投資収益が、実質的にどの資産を源泉とするかを表しています。
独立区分: 上記分類とは、異なる性質を持つ商品を表しています。(それぞれに当てはまる場合にのみ表示します)
補足分類: 上記分類の他に区分する必要がある場合にのみ表示します。

また、上記の商品分類により大まかな商品内容は分かりますが、投資信託協会では、さらに詳細な投資信託の属性を示す、「属性区分」も定めています。この2つにより、投資信託がどの資産に投資をし、どのように運用した上で決算を行うのかがわかります。 属性区分については、下表のとおりです。

属性区分
投資対象資産 決算
頻度
投資
対象地域
投資形態 為替
ヘッジ
対象インデックス 特殊型
  • 株式
    • 一般
    • 大型株
    • 中小型株
  • 債券
    • 一般
    • 公債
    • 社債
    • その他債券
    • クレジット属性
  • 不動産投信
  • その他資産
  • 資産複合
    • 資産配分固定型
    • 資産配分変更型
  • 年1回
  • 年2回
  • 年4回
  • 年6回
    (隔月)
  • 年12回
    (毎月)
  • 日々
  • その他
  • グローバル
  • 日本
  • 北米
  • 欧州
  • アジア
  • オセアニア
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中近東
    (中東)
  • エマージング
  • ファミリーファンド
  • ファンド・オブ・ファンズ
  • あり
  • なし
  • 日経225
  • TOPIX
  • その他
  • ブル・ベア型
  • 条件付運用型
  • ロング・ショート型/絶対収益追求型
  • その他

商品分類と属性区分は、具体的にどのように表示されているのですか?

実際の商品の目論見書により確認をします。
例えば、下のような商品があったとします。

上で説明した、商品区分、属性区分は赤枠で囲んだ部分に表示してあります。

商品分類を見ると、「追加型」と表示されているので、運用期間中は随時買い付けができることがわかります。投資対象地域は、「内外」と表示され、投資対象資産は「債券」と表示されているので、この投資信託は、国内外の債券で運用されていることがわかります。

また、属性区分によりさらに詳しく見ていくと、投資対象資産は「その他資産(投資信託証券(債券・公債))と表示され、投資対象地域が「グローバル(日本を含む)」、投資形態が「ファミリーファンド」と表示されているので、この投資信託は、日本を含む世界各国の債券に投資をしていることが分かります。

そして、決算頻度は「年12回(毎月)」と表示されているので、毎月決算を行い、為替ヘッジが「なし」と表示されているので、為替についてはヘッジ手段をとらないことが分かります。

このように、商品内容について、この一覧を見るだけで大まかに判断をすることができます。ただし、商品の詳細内容については、この分類だけでは分からないので、さらに目論見書を読み進める必要があります。

  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ