マンガでよくわかる(4)

先物とオプションをマンガで理解!

出典:「はじめてのデリバティブ」(株式会社大阪取引所、株式会社産経新聞出版)
※本ページ下部に記載の注意事項についてもご確認ください。

マンがでよくわかる

オプション取引初心者は損失限定の「買い」から

オプション取引は、「将来、ある値段で売買する『権利』」の取引です。オプション取引には、買う権利の「コール」、売る権利の「プット」の2種類があります。対象資産が上昇すると思えば「コールの買い」、下落すると思えば「プットの買い」で利益が狙えます。
オプションの買い手は権利を持っている立場ですから、オプションの取得料が最大損失額となり、それ以上の損失は発生しません。また、証拠金も必要ありません。一方、売り手は義務を負っている立場ですから、利益が限定で損失は無限大です。このため、証拠金が必要になります。初心者であれば、まずは「買い」から始めてみては。


  • 特別インタビュー(1)

  • 特別インタビュー(2)

  • マンガでよくわかる

注意事項

  • 本冊子は、株式会社産経新聞出版より発刊された「デリバティブをはじめる前に読む本」より一部を抜粋し、2016 年2 月の取材に基づき再編集して作成されたものです。本冊子を無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。本冊子は、先物・オプション取引の基礎的な内容の説明を目的として作成したものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。株式会社大阪取引所および株式会社産経新聞出版は、本冊子の記載内容については万全を期しておりますが、投資家の皆様が本冊子の記載内容に基づいて行われるお取引その他の行為及びその結果について、何ら責任を負うものではありません。お取引に際しては、金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等をお読みいただき、商品の性格や仕組みを十分にご理解いただいたうえで、ご自身の責任と判断のもとで行っていただきますようお願い申し上げます。
  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ