為替情報ツール e-profit FX

特長

為替情報ツール「e-profit FX」は、リアルタイムの為替相場情報、複数の分析チャート、市況、分析情報などを1画面で同時にご覧いただくことができる高機能な情報分析ツールです。「岡三オンラインFX」に口座を開設されているお客様は、「e-profit FX」が無料でご利用いただけます。

為替情報ツール「e-profit FX」の特長

プライスボード・テクニカルチャート・ニュースを一体化

プライスボード、複数の分析チャート、市況ニュース、分析情報などを一体化。
画面レイアウトはお好みで自由に設定・保存ができます。

豊富な為替ニュース

お客さまに定評のある「e-profit FXニュース」を配信。
国内外の株式、為替はもとより金融、経済指標、要人発言、海外商品(NY金、原油)もカバーしており、最新のマーケット情報が24時間確認できます。

充実したチャート機能

15種類以上のテクニカル分析チャートやサヤチャート、売買シミュレーションなど、高機能なチャートシステムを装備しています。複数銘柄の分析チャートも同時表示が可能です。

統計情報データベースなども装備

為替取引に欠かせない株価などの指数や、日本と世界の経済統計(国内総生産、雇用統計、消費者物価指数、生産者物価指数、鉱工業生産指数、景気動向指数、国際収支統計、日銀短観)などのデータベースを装備しています。
また、「CFTC建玉明細(大口投機家)」などさまざまな特別情報をご用意しております。

為替売買動向

「為替売買動向」は、東京金融取引所の外国為替証拠金取引(くりっく365)でお取引を行なっている投資家の建玉数量と建玉比率を通貨ペア毎に表したもので、売り買いの建玉の状況や推移を一目で確認することができます。

ランキングや出来高情報も一目瞭然

各通貨の終値をそれぞれの期間で計算して上昇率や下落率、出来高のランキングを日々提供しています。
また、通貨ペア別の出来高推移が見られる「くりっく365 出来高&レシオ一覧」もご覧いただけます。

豊富なカスタマイズ機能

合計100ページまでお客様がよくお使いになる画面を自由に組み合わせ、保存しておくことが可能です。また、登録した画面を簡単に呼び出すことができる「カスタマイズボタン」(5画面)、「ショートカットキー」(36画面)機能も装備しています。

様々なオリジナル投資情報

AIAこんにちはレポート
AIAこんにちはレポート
AIAこんにちはレポート
小説「8割の男」(大下英治著)のモデルにもなり、東京市場の取引の8割に絡むと言われた伝説のディーラー堀内昭利氏が、前日のマーケットをディーラーの視線でまとめます。研ぎ澄まされたディーラー嗅覚で、マーケットを語ります。
更新頻度:火~金曜日の週4日
要人発言
為替相場は政治で動くといった側面があります。政府要人や通貨当局の発言をチェックすることで、その国がどのような通貨政策を採るか見えてきます。
「要人発言」のコーナーでは、各国の要人や通貨当局者の発言をまとめています。
更新頻度:ほぼ毎日
アフター5ストラテジー
アフター5ストラテジー
アフター5ストラテジー
アフター5ストラテジーは、短期投資家向けのコンテンツです。
個人投資家のアクセスが多い時間帯である欧州、ニューヨークのマーケットについてポイントを解説。
当日の東京時間のデータも含まれます。
また「くりっく365」に特化した情報ですので、取引所取引ならではの出来高等の情報も掲載されます。
更新頻度:毎日(年末年始および祝日を除く)
板垣哲史のFXを乗りこなせ
板垣哲史のFXを乗りこなせ
板垣哲史のFXを乗りこなせ
板垣哲史のきょうのワンポイント
「TSR」という板垣氏独自の指標を使い、その日のドル・円のポイントとなるプライス等や一口コメントをお送りします。
更新頻度:毎日(年末年始および祝日を除く)
板垣哲史のFXウィンカー
板垣哲史のFXウィンカー 週初にドル・円、ユーロ・円、ポンド・円の、今後1週間のトレードの考え方や、ポイントを解説します。
更新頻度:毎週
板垣哲史のFXクルージング
トレードの考え方から、国際金融、時事政治まで幅広い内容のエッセイ。幅広い見識を持つ板垣氏ならでは、分析記事を送ります。相場の大局を見極めるのに役立つでしょう。
更新頻度:隔週
注目指標フラッシュバック
為替相場の醍醐味といったら経済指標での大きな値動き。
イベントドリブンという、売買手法があるくらい経済指標は注目されます。
同じ数字が出ても、その時のセンチメントなどによってマーケットの反応は違います。
経済統計フラッシュバックでは、前回、統計発表後にどのような値動きをみせたかを確認することにより、これから発表される経済指標に備え、値動きの予測が可能になります。
また、これまでの数値をグラフでみることにより、経済の大きな流れを見ることができます。
更新頻度:随時