次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2018年12月04日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】日経平均がWボトム「掉尾の一振」占う3つの「P」

日経平均株価は11月22日から12月3日まで7日続伸し、足元の上値抵抗となっていた200日移動平均線(2万2306円)、75日線(2万2568円)を一気に上抜いた。この間の上昇幅は1067円、上昇率は4.9%に達し、チャート上でも10月26日安値(2万971円)と11月21日安値(2万1243円)でダブルボトムを形成。7連騰後の12月4日はさすがに500円超の反落だったが、全体的にはいよいよ底入れ感が意識されてきた。今年も残すところあと一月。3年連続の年末株高は実現するのか。カギを握るのは、3つの「P」だ。

【日経平均株価:日足 6ヶ月】

1つ目のPは言わずと知れたPresident Trump。1日の米中首脳会談で、米国が中国への関税発動を90日間猶予すると決定。両国が知的財産やサイバー攻撃、非関税障壁分野で合意できるかは不透明だが、2000億ドル分の追加関税が当面は棚上げとなり、安堵感から3日のNYダウは287ドル上昇。ダウも日経平均と同じく10月29日安値(2万4122ドル)、11月23日安値(2万4268ドル)で2度底値圏にタッチしており、11月8日戻り高値(2万6277ドル)を抜けばダブルボトムが示現。年末株高への助走に入りそうだ。

【NYダウ:日足 6ヶ月】

2つ目は、Powell- chairmanだ。11月28日、FRBトップの講演に関係者は度肝を抜かれた。これまで、同氏は現行の政策金利について、中立水準まで「long way(程遠い)」とし、継続的な利上げ姿勢をみせていたが、講演では一転、「just below(少し低い程度)」。これが利上げの一時停止、打ち止めを示唆したと受け取られ、市場はドル安・日米株高で反応した。
講演翌日に公表された連邦公開市場委員会(FOMC)11月議事録も追い風となった。11月会合では、次回12月19日会合での25bp利上げを示唆したものの、物価の停滞や貿易摩擦による景気減速懸念を背景に、多くの委員が12月会合声明文から「further gradual increases(さらなる段階的な利上げ)」を削除するよう要請していたのだ。
FRBは2015年末に利上げを再開、17年以降はほぼ3カ月おきに利上げしてきたが、「further~」の文言削除は機械的な利上げからの脱却、柔軟路線への方向転換を意味する。当然、株式市場にはプラスに効く。
米国金利先物の動きから今後の利上げペースを逆算する「FedWatch」によると、12月会合での利上げ確率は83.5%だが、今回を最後にFRBがしばらく様子見に転じるとの観測が広がっている。

3つ目のPはPetroleum、原油だ。詳しくは11月13付拙稿「年末ラリー、点火なるか!?カギ握る『NOPEC』」に譲るが、6日のOPEC総会を前に加盟国とロシアが減産で歩み寄る姿勢をみせており、WTI価格は53ドル台まで持ち直し。米国株は原油価格との相関性が強いだけに、原油の需給が引き締まれば、年末にかけ、原油高→米株高→日本株高の流れが加速する可能性もある。
President、Powell、Petroleum…。3つのPが上手くかみ合えば、年末株高で日経平均が6年連続の上昇、もあながち夢物語ではない。すでに昨年の大納会終値(2万2764円94銭)は指呼の間にあるのだ。

日経平均と同じくダブルボトム形成が期待され、底打ち感が意識されつつある銘柄

コード 銘柄名 終値
(12/4)
注文画面
2281 プリマハム 2,186
3688 VOYAGE GROUP 1,256
5970 ジーテクト 1,600
6501 日立製作所 3,293
6855 日本電子材料 715
6905 コーセル 1,154
6929 日本セラミック 2,828
6981 村田製作所 17,490
9107 川崎汽船 1,515
9749 富士ソフト 5,060

執筆者

渡部 一実 氏
株式会社ストックボイス 記者

産経新聞記者として政治経済報道に携わる。2014年からストックボイス記者。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ