次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2018年10月08日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】「カブりつき・マーケット情報局」個人投資家うこうこさん登場

岡三オンライン証券提供の「カブりつき・マーケット情報局」をラジオ日経で毎週金曜日16時20分から放送しています。MCに八木ひとみさんを迎え、私とスパローズの大和さんに加えてゲストの出演も予定しております。
番組URLはこちら(過去の録画放送もご覧になれます)

番組は短期から中長期投資家まで楽しめる情報番組として放送しております。週末の放送ですので指標等の騰落を日次ではなく、週次の変動幅を紹介しております。来週の相場展望や手法など投資に役立つ情報満載でお送り致しますので毎週聞いて頂ければ幸いです。

【ラジオ「カブりつき・マーケット情報局」の補足、振り返り】

うこうこさん登場

個人投資家「東工大理学部卒超高学歴うこうこ足立区住(以下、うこうこさん)」に出演頂いた。うこうこさんは株歴30年のテーマ株を中心に取引する個人投資家でTwitterではフォロワーが2万人を超えている人気の投資家である。
うこうこさんの投資哲学「テーマ株理論的売買法」から理論的に大きく上がる株の探し方を解説頂いた。ファンダメンタルズからテーマ株を見つけて投資に落とし込む手法は個人投資家の人気が高い売買手法であるため参考になる方が多いのではないか。

個別銘柄紹介は好業績銘柄として3132マクニカ富士エレHDを紹介した。マクニカ富士エレHDはマクニカと富士エレクトロニクスが統合した半導体商社大手である。活況な半導体市況を背景に業績を伸ばしてきたが、3 月に増資と売り出しを発表し、株価は大幅に調整。「好業績を背景に下値は堅いものの、2,000円をトップに上値の重い展開が続いていたが日経平均の23,000円越えを契機に上昇に転じるのではないか」と解説した。
レンジブレイクを待つ投資で一番大切なのは下値の堅さである。下値が堅ければ指数の上下の影響をある程度受けつつも、ブレイクするまで待つことができる。この戦略は時間を犠牲にしてしまうことが多いが中長期で現物株を売買する投資家に有用な戦略だろう。マクニカ富士エレHDは1Q決算も前年同期比で増収増益と業績の堅調さを確認できたこと、下値を切り上げて推移していたため、安心して保有できたのではなかろうか。

9月28日のオンデマンド放送はこちら

3132 マクニカ富士エレHD

8140 リョーサン

武部力也さん出演

10月6日の放送は岡三オンライン証券投資情報部長武部力也さんにお越し頂き、「武部力也の週刊為替相場見通し」から週末の雇用統計の話、金利上昇の背景、個人投資家のポジション動向などお話し頂いた。個人投資家のポジション動向はぜひ確認いただきたい。
今週からYouTubeタイムに新コーナー「MY銘柄ご相談BOX~!!」が始まった。このコーナーは私がリスナーの銘柄相談を受けるというラジオや雑誌などでよくあるコーナーである。忖度せず自分が思うことをそのまま返すことを心掛けるので全力でお悩みをぶつけて頂きたい。番組には既にたくさんの相談が寄せられているが、バイオ株の相談が多数寄せられている。こちらは春に複数回「赤字で小型のバイオ株投資は非常に難易度が高い」と損切りを勧めているため、過去の解説を参考にして頂きたい。

個別銘柄は6436アマノと3131シンデン・ハイテックスを紹介した。アマノは働き方改革と駐車場システムで強みを持つ企業で機関投資家の保有割合が高い銘柄である。時価総額や株価推移を見ると個人投資家には魅力に欠ける銘柄であるが、安定した業績推移を評価しているため、中長期投資家に参考にして頂きたい銘柄である旨を説明した。シンデン・ハイテックスの業績は低迷しているが発行の5%を超える自社株買いを発表しており、需給面での株価押し上げの可能性を解説した。自社株買いについての説明も行っているので是非放送を聞いて頂きたい。

10月5日のオンデマンド放送はこちら

6436 アマノ

6436 アマノ

3131シンデン・ハイテックス

3131シンデン・ハイテックス

コード 銘柄名 市場 終値
(10/5)
注文画面
3131シンデン・ハイテックス東証JASDAQスタンダード1,700
3132マクニカ・富士エレホールディングス東証1部1,991
3434アルファCo東証1部1,474
3623ビリングシステム東証マザーズ7,260
3753フライトホールディングス東証2部1,373
5900ダイケン東証JASDAQスタンダード792
6436アマノ東証1部2,380
6507シンフォニアテクノロジー東証1部1,561
7537丸文東証1部804
8159立花エレテック東証1部1,925

執筆者

Bコミ(坂本 慎太郎)氏
こころトレード研究所所長

2002年から6年間証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。
2008年から株式会社かんぽ生命保険に転じ、債券や株式のファンドマネージャーや運用計画の策定等の運用業務に携わる。
かんぽ生命退職後、個人投資家育成のため、中級者の個人トレーダーのスキルの穴埋めを目的としたこころトレード研究所を運営。
日本株を中心に短期は板読み、中長期はマクロ経済の方向感を押さえつつ、業績や資金動向等の需給に重きを置いた運用を行っている。
株式以外には債券、不動産、太陽光発電所等、様々な投資を行っている。 パンローリング社で「株のデイトレ・スイングトレード通信スクール」を運営。

こころトレード研究所

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ