次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2018年10月05日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】世界各国で急速にプラゴミ規制進む、プラスチックの代わりになる素材は何?

先月20日、米カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は、飲食店でのプラスチック製ストロー使用を規制する法案に署名し、同法が成立した。飲食店では客に注文されない限り、使い捨てのプラスチック製ストローを出すことが禁止される。同州では2014年より無料の使い捨てポリ袋を禁止しており、プラスチック製品への規制を年々強めている。
プラスチック製品への規制は世界的に強化される方向に向かっており、国連によると全世界で50カ国がプラスチック製品への規制を強化している。欧州諸国ではプラスチック製ストローや食器等の販売禁止を検討しており、英国においては「2042年までに脱プラ社会を実現する」と英国政府が宣言している。民間企業では、スターバックスが2020年までに全世界に展開する店舗(2万8000店舗)でプラスチック製ストローの使用を廃止する方針を発表している。
飲み物にストロー、スーパーやコンビニではポリ袋が当たり前の日本ではまだプラスチックに対する規制・廃止等の動きが感じにくいが、世界各国では多くの施策が実施・検討されており、ストローだけではなく、プラスチック製品全般の使用が避けられるようになる可能性がある。

【使い捨てプラスチック製品に関する規制の動き】

米国 カリフォルニア州などポリ袋・ストローの配布禁止
英国 プラスチック製ストロー、マドラーなどの販売禁止を検討
仏国 プラスチック製の皿やカップを禁止する法律を2020年に施行
蘭国 プラスチック製ポリ袋に課金
アフリカ 使い捨てプラスチック製品の使用を禁止する法案を検討
インド 2022年までに使い捨てプラスチック製品を全廃する方針
スターバックス 2020年までに全世界に展開する店舗でプラスチック製ストローの提供を禁止
マクドナルド 2020年までに全世界に展開する店舗でプラスチック製ストローの提供を禁止
ハンバーガーを包む紙や箱など全てのパッケージや製品をリサイクル可能な資源に切り替え目指す
ヒルトン 世界650軒のホテルなどで2018年末までにプラスチック製ストローの提供を禁止
P&G 2030年に全ての容器をリサイクルや再生可能なものにする
すかいらーく 2020年までに国内外に展開する店舗でプラスチック製ストローの提供を禁止

プラスチック製品の代替としてアメニティの詰め替えパックや紙容器などの普及が高まるとみるが、昨今開発が進む生分解性プラスチック(グリーンプラ)に注目したい。生分解性プラスチックとは、微生物によって二酸化炭素と水に完全に分解され、自然界へと循環する性質を持つプラスチックである。最近の話題だと、三菱ケミカルの開発した生分解性プラスチックを使った紙コップが、日本紙パルプ商事より今月から販売されている。三菱ケミカルでは、ストローや紙コップだけではなく食品関連を含む多方面での用途開発を進めており、既に複数の海外大手ファストフードチェーン等と協議に入っている。カネカでは、8月上旬に生分解性プラスチックの年間生産能力を現在の5倍にあたる5,000トンに引き上げることを発表した。投資金額は約25億円であり、2019年2月の稼働を予定している。

米調査会社(Grand View Research)によると、生分解性プラスチックの世界市場規模は2014年から2025年の期間、平均年成長率12.8%で拡大するとみており、2025年には7,500億円に達すると予測している。既存のプラスチック製品が代替されることを考えると、生分解性プラスチックの需要は長期的に拡大する可能性がありそうだ。

以下に、生分解性プラスチック関連銘柄を紹介するので、参考にしていただきたい。

参考銘柄

コード 銘柄名 業務内容 終値(10/5) 注文画面
2802 味の素 東証 1,903
3405 クラレ 東証 1,677
3863 日本製紙 東証 2,133
4118 カネカ 東証 5,310
4188 三菱ケミカルホールディングス 東証 1,066
7911 凸版印刷 東証 1,833
8101 GSIクレオス 東証 1,465

(岡三オンライン証券 エクイティ事業部)

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ