次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2018年08月03日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】未開拓市場のナイトエコノミー

日本政府観光局(JNTO)が7月18日に公表した2018年6月推計の訪日外国人旅行者数は、前年同月比15.3%増の270万5千人となった。2017年6月の234万6千人を35万人以上上回り、6月として過去最高を記録した。訪日外国人の内訳は75.0%を東アジアが占めており、その中でも韓国(60.6万人)と中国(76.1万人)で全体の半分を占める。
下図表は国土交通省観光庁の「訪日外国人消費動向調査」の2018年4-6月期1次速報結果である。

訪日外国人旅行消費額と旅行者数の推移

旅行者数は堅調な伸びを示しており、旅行消費額についても昨年の7-9月期をピークに伸び悩んでいるものの高水準での推移を続けている。
旅行消費額の費目別構成比をみると、買物代が34.7%と最も多く、次いで宿泊費28.5%、飲食費22.8%となっている。2017年同期と比較すると買物代が3.8ポイントの低下となる一方で、飲食費(3.4ポイント)・宿泊費(1ポイント)・娯楽等サービス費(0.3ポイント)などが上昇となっている。費目別構成比の変化は訪日外国人の興味が爆買いに代表されるモノ消費(買い物)から、食事や娯楽・文化などを楽しむコト消費にシフトしつつあることを示していると考えられる。訪日外国人旅行客がリピーターを含め増加していることを勘案すると今後もこの傾向が続くことが想定されるため、コト消費分野には注目したい。
こうした状況の中、日本政策投資銀行(DBJ)公益財団法人日本交通公社(JTBF)が発表した「アジア・欧米豪の訪日外国人観光客旅行者の意向調査(平成28年度版)」によると、訪日外国人旅行客が持つ旅行代金や外貨両替を除いた日本旅行での不満は、「言語の壁」「日本の酒(日本酒・焼酎)」「ナイトライフ体験」が上位となった。この中で、一番の商機と見られているのが「ナイトライフ体験」だ。「ナイトライフ体験」とはバーやクラブ、ナイトマーケットなど夜間に観光することを指す。寺院や名所旧跡等の歴史・文化施設に対する満足度は高いものの、これらの施設は夕方には閉まってしまうことから訪問後は時間を持て余すことになる。訪日外国人にとってはタイのナイトマーケットのように夜間に観光する場所が少ないため、時間を持て余してしまうことが不満の理由のようだ。

この「ナイトライフ体験」を含む夜間の経済活動をナイトエコノミーと呼び、近年、需要増加が見込まれており、訪日外国人によるナイトエコノミーの経済効果は4000億円規模に上るとの試算もある。一般社団法人新経済連盟では観光立国実現に向けてシェアリングエコノミーとならべてナイトエコノミーを旅行者消費額を促進する仕掛けとして位置づけている。世界を見回すとニューヨークでは地下鉄が24時間運行しており、ロンドン現代美術館は23時まで開館している。日本においては公共交通機関の営業時間の拡大に課題がつきまとうことが想定されるが、訪日外国人の増加をきっかけに夜間に新たなサービスを展開する企業があれば注目したい。

以下に、ナイトエコノミー関連銘柄を掲載するので参考にしていただいきたい。娯楽施設カテゴリではコシダカHD(2157)鉄人化計画(2404)などがカラオケボックスやボーリング場などの経営をしている。小売・外食カテゴリでは、24時間営業のコンビニエンスストアや英国風パブを経営するハブ(3030)がある。

参考銘柄

カテゴリ コード 銘柄名 終値(8/3) 年初来高値 注文画面
娯楽施設 2157 コシダカホールディングス 1,246 1,950
2404 鉄人化計画 383 467
4680 ラウンドワン 1,726 2,171
9672 東京都競馬 4,255 4,930
小売・外食 2651 ローソン 6,620 7,630
3030 ハブ 1,052 1,748
3382 セブン&アイ・ホールディングス 4,503 5,067
7532 ドンキホーテホールディングス 5,060 6,380
7616 コロワイド 2,779 3,225
8028 ユニー・ファミリーマートホールディングス 10,540 12,670

(岡三オンライン証券 エクイティ事業部)

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ