次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2018年03月06日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】為替ディフェンシブな銘柄をポートフォリオに持つ

日経平均株価が、200日移動平均線を終値ベースでも割り込んだことで、テクニカル重視の投資家には、弱気ムードが強くなっている。
短期的には、2月14日の安値と3月5日の安値がダブルボトムとなって反発を期待する考え方もあり、3月6日は欧米株高や円高一服など外部環境の好転からこの流れが優勢となっているが、先行きについては外部環境依存の高まりから見方が分かれている。
ここ最近の株価指標や先物の動きは、ブレが大きい。良く言われるように、VI指数のような変動率を基にしたリスク計算を、多くの運用システムが採用しているとすると、振れ幅が大きくなればなるほど、売買は一方的になる局面が生まれやすくなる。
リターンリバーサル(押し目買いからの反発狙い)をプログラミングされるのは、一定幅の下落後、株価変動が落ち着いた後かもしれない。
今更ながら、昨年9月19日には、19,933円から20,122円にはマドが開いている。今週の日経平均株価が反発に入らなければ、20,000円を試すような展開も視野に入れておく必要があるだろう。

【日経平均株価日足チャート】

日経平均株価日足チャート

こういった相場展開の主要因と言われているのが、米国に広がるタカ派・保護主義の動きだ。鉄鋼・アルミへの関税問題は各国の「報復発言」を産み、今月19日からのG20財務相中銀総裁会議を前に、すでに水面下では激しいやり取りがなされていることは想像に難くない。

こういった局面で、最も警戒すべき要素の一つは、やはり為替動向だ。金利差で動いていたはずの為替市場が、あっという間に別の要素で動き出し、これがまとまった幅のドル安円高を招けば、日本国内の企業業績予想は慎重になり、投資家は様子見を決め込む可能性がある。また、今後ドル円の動きが急激になれば、それだけ株価の動きも不安定になることが考えられる。
リバウンド狙いの投資であっても、「好業績・為替変動に強い」という要素を、銘柄選びで軽視すると、大きな痛手を負いかねない。

そこで、表では、予想経常利益率が10%以上、ROE10%以上の銘柄から、為替感応度(36か月の月次リターン)が低い順に、銘柄をリストアップしてみた。

コード 銘柄名 市場 為替感応度 終値
(3/6)
注文画面
1435 インベスターズクラウド 東証1部 -0.59 2,018
3415 TOKYO BASE 東証1部 -0.84 1,459
3694 オプティム 東証1部 -0.75 2,479
3697 SHIFT 東証マザーズ -0.78 4,755
3844 コムチュア 東証1部 -0.66 3,390
4587 ペプチドリーム 東証1部 -0.58 5,170

これらの銘柄は、業種は様々だが、それぞれ、好業績が期待されている。
インベスタークラウドは、不動産業だが、アパート経営のプラットホームを運営し、不動産ファンドも運営する異色の企業。TOKYO BASEはアパレルでECに強い。オプティム、SHIFT、コムチュアはそれぞれ特色あるIT系の企業で、ペプチドリームはライセンス展開が得意な創薬企業だ。
いずれも為替感応度が低く、好業績、という強みを持つ銘柄だと言えるだろう。

執筆者

堀 篤(ほり あつし)

1962年10月27日生まれ 愛知県出身
日本証券アナリスト協会検定会員
1985年、野村證券(現野村ホールディングス)入社。1998年退社後、上場企業役員を2社勤め、2001年コンサルタント会社設立、独立系アナリストとして、有望企業を投資サイト・雑誌などで紹介している。
総合economicサイト、「サチとれ」を運営。
証券マン、上場企業役員、投資家、コンサルタント、アナリストという360度異なる方面の経験を活かした、独自の分析スタンスで中小型優良銘柄の発掘を行う。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ