次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2018年02月06日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】相場の変質と、注目されるジャスダック市場

NYダウ、日経平均株価が急落している。
5日のNY市場では、NYダウは過去最大の下げ幅、▲1175.21ドルを記録した。東京市場も、大幅な調整は避けられないだろう。テクニカル的には、ひとまず昨年9月からの上昇幅に対する50%調整ラインの21680円近辺、3分の2調整ラインの20870円近辺が意識される。
NY市場急落の要因となった債券価格の下落と金利の上昇は、本来はすでに織り込み済の材料で、新しい事実ではない。ただ、好調な雇用情勢が思ったよりもさらに好調であり、金利の上昇を見た投資家がこれまでの上昇ペースに対してやっと本格的な警戒感を抱いた、ということだろう。

こうした中で、株式市場は金融緩和重視から企業業績重視へ、その本質を変えようとしている。そして、こういった局面で株式が一時的に急落するのはよくあること、とも言える。ただし、下落幅が大きければ、時間的には比較的短期的なリバウンドが一度は演じられる可能性は高い。
さらにこの後起こりやすいのは、大型株から小型株への偏重だ。特に日経ジャスダック平均は、ここ数年すでに強い動きが目立っている。

【日経ジャスダック平均(日足チャート)】

日経ジャスダック平均(日足チャート)

2015年以降、日経ジャスダック平均は日経平均株価を安定してオーバーパフォームしている。そして、今のような相場の変質が進む中では、大型株よりも日経ジャスダック平均、あるいはその採用銘柄の中の中小型好業績企業を買っておくのは一つの手だ。

コード 銘柄名 市場 終値
(2/6)
注文画面
2146 UTグループ 東証 3,110
2751 テンポスホールディングス 東証 2,413
2782 セリア 東証 5,800
3733 ソフトウェア・サービス 東証 7,280
4348 インフォコム 東証 2,191
4816 東映アニメーション 東証 9,570
6324 ハーモニック・ドライブ・システムズ 東証 6,400

上記表では、ジャスダック市場の銘柄から業績などを加味していくつかをピックアップしてみた。
日経平均株価、ジャスダック平均の動きを見ながら、こういった銘柄からディフェンシブ銘柄を開拓するのも良いだろう。ただし、市場の変動性は極端に大きくなる傾向にあり、買うタイミングには十分に注意したい。

 

2146 UTグループ

UTグループ

2751 テンポスホールディングス

テンポスホールディングス

2782 セリア

セリア

3733 ソフトウェア・サービス

ソフトウェア・サービス

執筆者

堀 篤(ほり あつし)

1962年37年10月27日生まれ 愛知県出身
証券アナリスト協会検定会員
1985年、野村證券(現野村ホールディングス)入社。1998年退社後、上場企業役員を2社勤め、2001年コンサルタント会社設立、独立系アナリストとして、有望企業を投資サイト・雑誌などで紹介している。
総合economicサイト、「サチとれ」を運営。
証券マン、上場企業役員、投資家、コンサルタント、アナリストという360度異なる方面の経験を活かした、独自の分析スタンスで中小型優良銘柄の発掘を行う。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ