マーケットポイント

  • すべて
  • 株式
  • 為替

すべてのマーケットポイント

2020年02月25日 13:47
後場は米国先物がプラス圏で推移したことや上海指数が1.6%程度の下げにとどまったこともあり、今晩の海外市場を見極めたいムードは強い。日経平均は22,600円付近での小動き。値上がり29、値下がり2,127。13:30現在売買代金は2.08兆円と膨らんでいる。
2020年02月25日 10:09
TOPIXは1,603ptの安値を付けた。チャート上では8/23安値1,496ptから12/7高値1,747ptの61.8%押しの1,592ptが下値目途となる。この水準は10/11窓埋め1,596ptと一致する局面。
2020年02月25日 9:30
売り優勢から日経平均は22,335円、1,051円安まで下げた。PERは売られすぎの13.77倍となり、値幅は祝日もあり2日分下げた格好。値上がり22、値下がり2,129と全面安。売り一巡後は押し目狙いの買いに22,500円を固めるかが焦点となる。
2020年02月25日 8:20
連日の上髭陰線で上値の重さは否めない。75日線23,516円を下回った上、25日、75日のデッドクロスで下方懸念は強まった。もち合い下放れとなれば昨年10/15の22,219円がターゲットとなる。25日線とのマイナス乖離水準は22,350円付近となり売られ過ぎが意識されよう。
2020年02月25日 8:20
日本株は新型肺炎拡大への警戒感は根強く、世界的な株価急落の流れを引き継ぎ、大幅続落が懸念される。CMEは22,165円、1,125円安。
2020年02月25日 8:20
市場では今回の米国株急落は一時的な調整局面の範囲との見方は強い。米国では、まだ金融政策の余地が残っているとして各国の景気下支え策によって株価の下値は限定的にとどまる可能性があるとの指摘もある。
2020年02月25日 8:20
週明けのNYダウは新型コロナウイルスの世界的な拡大への懸念から急落した。一時1,079ドル安、終値は27,960.8、1,031.61ドル安。2日間で1,259ドル下落した。
2020年02月21日 17:40
週末はイラン議会選挙、 米大統領選ネバダ州党員集会 (民主) 、G20財務相中銀総裁会議、 独ハンブルク州議会選挙。週明け2/24は天皇誕生日振替休日もFX・CFDは通常通り。円の流動性低下に警戒
2020年02月21日 17:35
本日は恐縮ながらラジオ・テレビ・テレビ・ラジオの順で4回出演。ドル円焦点は2/19以降の上昇に対し足元も低下を強める米10年債金利で、この不整合性が正に機関投資群の日本売り円売りドル買いとした運用配分見直しの証と考察・・
2020年02月21日 13:35
後場は23,400円台半ばでもみ合い商状。3連休を控えて様子見気分は強い。TOPIXはプラス圏を維持しており、新型肺炎の終息を睨んでいる状況で割安感の出た銘柄を個別に拾う動き。値上がり1,159、値下がり872。13:30現在売買代金1.29兆円。
2020年02月21日 13:21
先刻のテレビでhttps://t.co/UYQNrAY4er 「年金や生保等の機関投資家による日本懸念でのアセット見直しで1ドル112円台。リスクオンではない証が米長期金利や日本株の低迷」
2020年02月21日 11:18
日経225指数銘柄が安く、日経平均はマイナス転換。TOPIXはプラス転換を維持して底堅い。これによりNT倍率は昨日の14.02倍から13.97倍に修正されている。値上がり1,173、値下がり857。11:15現在売買代金8,380億円。

株式マーケットポイント

2020年02月25日 13:47
後場は米国先物がプラス圏で推移したことや上海指数が1.6%程度の下げにとどまったこともあり、今晩の海外市場を見極めたいムードは強い。日経平均は22,600円付近での小動き。値上がり29、値下がり2,127。13:30現在売買代金は2.08兆円と膨らんでいる。
2020年02月25日 10:09
TOPIXは1,603ptの安値を付けた。チャート上では8/23安値1,496ptから12/7高値1,747ptの61.8%押しの1,592ptが下値目途となる。この水準は10/11窓埋め1,596ptと一致する局面。
2020年02月25日 9:30
売り優勢から日経平均は22,335円、1,051円安まで下げた。PERは売られすぎの13.77倍となり、値幅は祝日もあり2日分下げた格好。値上がり22、値下がり2,129と全面安。売り一巡後は押し目狙いの買いに22,500円を固めるかが焦点となる。
2020年02月25日 8:20
連日の上髭陰線で上値の重さは否めない。75日線23,516円を下回った上、25日、75日のデッドクロスで下方懸念は強まった。もち合い下放れとなれば昨年10/15の22,219円がターゲットとなる。25日線とのマイナス乖離水準は22,350円付近となり売られ過ぎが意識されよう。
2020年02月25日 8:20
日本株は新型肺炎拡大への警戒感は根強く、世界的な株価急落の流れを引き継ぎ、大幅続落が懸念される。CMEは22,165円、1,125円安。
2020年02月25日 8:20
市場では今回の米国株急落は一時的な調整局面の範囲との見方は強い。米国では、まだ金融政策の余地が残っているとして各国の景気下支え策によって株価の下値は限定的にとどまる可能性があるとの指摘もある。
2020年02月25日 8:20
週明けのNYダウは新型コロナウイルスの世界的な拡大への懸念から急落した。一時1,079ドル安、終値は27,960.8、1,031.61ドル安。2日間で1,259ドル下落した。
2020年02月21日 13:35
後場は23,400円台半ばでもみ合い商状。3連休を控えて様子見気分は強い。TOPIXはプラス圏を維持しており、新型肺炎の終息を睨んでいる状況で割安感の出た銘柄を個別に拾う動き。値上がり1,159、値下がり872。13:30現在売買代金1.29兆円。

為替マーケットポイント

2020年02月21日 17:40
週末はイラン議会選挙、 米大統領選ネバダ州党員集会 (民主) 、G20財務相中銀総裁会議、 独ハンブルク州議会選挙。週明け2/24は天皇誕生日振替休日もFX・CFDは通常通り。円の流動性低下に警戒
2020年02月21日 17:35
本日は恐縮ながらラジオ・テレビ・テレビ・ラジオの順で4回出演。ドル円焦点は2/19以降の上昇に対し足元も低下を強める米10年債金利で、この不整合性が正に機関投資群の日本売り円売りドル買いとした運用配分見直しの証と考察・・
2020年02月21日 13:21
先刻のテレビでhttps://t.co/UYQNrAY4er 「年金や生保等の機関投資家による日本懸念でのアセット見直しで1ドル112円台。リスクオンではない証が米長期金利や日本株の低迷」
2020年02月21日 10:30
先刻のラジオで西村再生相発言「円安傾向は米経済堅調を反映」「基本ドル買い」を話題としたが市場では日本円売りとコメント。足元は連休前仲値での需給攻防も今後の上値意識として2018年10-12月高値114.00-50を挙げた
2020年02月21日 09:33
NYドル円終値112.225、終値112.12。本邦機関投資家群の動きが指摘され新型肺炎での対応不備やGDPマイナス成長でのリセッション警戒が日本円売り誘発。事実、米長期金利低下、円安嗜好の日経225も冴えない・・。
2020年02月20日 16:29
1ドル112.00に挑戦しないと終わらないのか、新型肺炎対策での日本円売りキーワード継続。円ロング途転組、焦燥手当組が買い支援ムード。先日のNY連銀製造業景気指数校長に追随か22時半の2月フィリー指数注意
2020年02月20日 10:35
感染症の権威教授が新型肺炎でのクルーズ乗船で対策の不備、怖かったとの批判が複数外報され、ドルコールや直物ドル手当てでの機関投資家の動きが「日本円売り」に投影されていた、との一部見解。1ドル111.10圏維持有無が分水嶺か
2020年02月20日 09:51
豪雇用統計失業率が予想に反して悪化し豪ドル円急落。今後の下値焦点は74.10、割れたら73.95。上値焦点74.40-50。ドル円はゴトー日仲値攻防で上値焦点は111.40-50-60。下値焦点111.10

チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)

岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト

【経歴】

1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)

岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】

1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】

剣道、映画鑑賞。

【活動】

  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】

「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンライン証券の公式Twitterをフォローいただくと、株式と為替のマーケットポイントがリアルタイムでご覧いただけます。

おすすめコンテンツ

アクセスランキング

ご注意