マーケットポイント

  • すべて
  • 株式
  • 為替

すべてのマーケットポイント

2019年05月27日 9:51
上値意識された5日線21,225円を上回った。先物の買い戻しが主流。ただ同線は下降に転じただけに戻り売りが出やすい形状。明確に上抜けば底入れ感の強まりから自律反発継続となる。値上がり1471、値下がり530。
2019年05月27日 9:23
寄り後は売りが先行、21,113円、4円安まで下げたが、押し目買いが勝り、21,179円、62円高まで上昇。ただ、円高気味でもあり、一段と上値を追う投資家は少ない。鉱業、石油が買われ、水産、食料品、陸運が小甘い。値上がり1271、値下がり671。
2019年05月27日 7:44
テクニカル面では安寄り後に戻したが、プラスに転じることが出来ず上値の重さが意識された。下降に転じた5日線21,225円が抵抗線となる。ただ、20,900円台で踏み止ったことで底入れ期待は残っている。
2019年05月27日 7:41
日本株は米国株反発で安心感が広がり押し目買い気運が期待される。ただ、ドル円相場は円高気味であり主力銘柄より中小型株の個別物色が主導しそうだ。CMEは21,125円、25円高。日経平均は21,000円台固め体制を強めてこよう。
2019年05月27日 7:38
米中対立については6月下旬に大阪で開かれるG20首脳会議に合わせて米中首脳会談が行われ、双方が妥結するとの期待は根強い。しかし、閣僚級協議再開の目処は立っておらず長期化の可能性の高まりによるリスク回避姿勢を取る慎重派は多い。
2019年05月27日 7:34
先週末のNYダウは米中対立を嫌気して2日間で390ドル近く下落したこともあり、値頃感からの買い戻しもあり反発した。終値は25585.69、95.22ドル高。一時180ドル高まで買われたが、3連休控えでもあり伸び悩んだ。ナスダック指数は7637.01、8.72pt高。
2019年05月24日 14:24
午前11時頃東京MXテレビ「東京マーケットワイド」出演https://t.co/uHcS3zsd3W
2019年05月24日 14:07
後場は米中対立への過度な警戒感が和らぎ21,000円台で落ち着いた展開。日経平均は100円程安いが、値上がり1009、値下がり1022と拮抗。買い戻しや押し目買いが見られるが戻りの勢いは限定的。
2019年05月24日 12:59
午前10:03頃からのラジオで  https://t.co/oXil8p3E1h  では触れなかったが4月消費物価CPI改善は原油高背景とされての想定内。日銀物価目標には届くには難度高
2019年05月24日 10:38
米中貿易摩擦の長期化懸念で投資家心理は冷え込んだ。日経平均は節目の21,000円を割り込みチャート形状は悪化した。ただ安値は20,922円で下げ止まり、その後は売られ過ぎによる買い戻しから21,000円台を回復してきた。値上がり1071、値下がり936。
2019年05月24日 8:20
週末前倒しの5・10日(ゴトービ)仲値では今週の最安値圏として買い需給程度が注視される。下値焦点は109.45、109.35、109.15。109円台維持攻防局面は想定外か。上値焦点は109.65-75-85。
2019年05月24日 7:59
NYドル円安値109.45、終値109.59。米中対立激化懸念を強めてダウ平均は大幅続落。リスク回避の雰囲気は米10年債を圧迫し2017年以来の2.29%台まで低下しドル円を下押し導出。円は対主要通貨で前日終値比全面高

株式マーケットポイント

2019年05月27日 9:51
上値意識された5日線21,225円を上回った。先物の買い戻しが主流。ただ同線は下降に転じただけに戻り売りが出やすい形状。明確に上抜けば底入れ感の強まりから自律反発継続となる。値上がり1471、値下がり530。
2019年05月27日 9:23
寄り後は売りが先行、21,113円、4円安まで下げたが、押し目買いが勝り、21,179円、62円高まで上昇。ただ、円高気味でもあり、一段と上値を追う投資家は少ない。鉱業、石油が買われ、水産、食料品、陸運が小甘い。値上がり1271、値下がり671。
2019年05月27日 7:44
テクニカル面では安寄り後に戻したが、プラスに転じることが出来ず上値の重さが意識された。下降に転じた5日線21,225円が抵抗線となる。ただ、20,900円台で踏み止ったことで底入れ期待は残っている。
2019年05月27日 7:41
日本株は米国株反発で安心感が広がり押し目買い気運が期待される。ただ、ドル円相場は円高気味であり主力銘柄より中小型株の個別物色が主導しそうだ。CMEは21,125円、25円高。日経平均は21,000円台固め体制を強めてこよう。
2019年05月27日 7:38
米中対立については6月下旬に大阪で開かれるG20首脳会議に合わせて米中首脳会談が行われ、双方が妥結するとの期待は根強い。しかし、閣僚級協議再開の目処は立っておらず長期化の可能性の高まりによるリスク回避姿勢を取る慎重派は多い。
2019年05月27日 7:34
先週末のNYダウは米中対立を嫌気して2日間で390ドル近く下落したこともあり、値頃感からの買い戻しもあり反発した。終値は25585.69、95.22ドル高。一時180ドル高まで買われたが、3連休控えでもあり伸び悩んだ。ナスダック指数は7637.01、8.72pt高。
2019年05月24日 14:07
後場は米中対立への過度な警戒感が和らぎ21,000円台で落ち着いた展開。日経平均は100円程安いが、値上がり1009、値下がり1022と拮抗。買い戻しや押し目買いが見られるが戻りの勢いは限定的。
2019年05月24日 10:38
米中貿易摩擦の長期化懸念で投資家心理は冷え込んだ。日経平均は節目の21,000円を割り込みチャート形状は悪化した。ただ安値は20,922円で下げ止まり、その後は売られ過ぎによる買い戻しから21,000円台を回復してきた。値上がり1071、値下がり936。

為替マーケットポイント

2019年05月24日 14:24
午前11時頃東京MXテレビ「東京マーケットワイド」出演https://t.co/uHcS3zsd3W
2019年05月24日 12:59
午前10:03頃からのラジオで  https://t.co/oXil8p3E1h  では触れなかったが4月消費物価CPI改善は原油高背景とされての想定内。日銀物価目標には届くには難度高
2019年05月24日 8:20
週末前倒しの5・10日(ゴトービ)仲値では今週の最安値圏として買い需給程度が注視される。下値焦点は109.45、109.35、109.15。109円台維持攻防局面は想定外か。上値焦点は109.65-75-85。
2019年05月24日 7:59
NYドル円安値109.45、終値109.59。米中対立激化懸念を強めてダウ平均は大幅続落。リスク回避の雰囲気は米10年債を圧迫し2017年以来の2.29%台まで低下しドル円を下押し導出。円は対主要通貨で前日終値比全面高
2019年05月23日 17:16
バイシナ収録時での感応度は低かったがやはり英首相辞任観測報や下院議長辞任など英政局の先行き不透明感はポンド圧迫材料か。対ドルは10日連続陰線がほぼ確定で1.26ドル割れ警戒、ポンド豪ドルは日足雲ネジレ1.8380割れ留意
2019年05月23日 10:14
中近東リスク指摘のNY関係者がいたがイスラム断食月「ラマダン:~6/4迄」であり続報には懐疑的。英メイ首相がEU離脱新提案とした国民投票再実施も労働党難色で先行きは依然不透明。米大統領の訪日目的も祝・令和、との報・・。
2019年05月23日 10:04
16時にEU牽引役の独1-3月期GDP。プラスの予想通りなら動意も限定か。ユーロ円上値焦点は123.10,45-50、70。下値焦点は122.80-55、30-25、15-10。割れると月足雲下限121.645。
2019年05月23日 9:34
米中関係への警戒感が継続するなかでは上値抑制の観は強く、ドル円上値焦点は110.35、45-50、65-70。雲下限110.865は当面仰ぐか。下値焦点は110.05-00-109.95。240分ボリだと中心線割れが焦点

チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)

岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト

【経歴】

1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)

岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】

1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】

剣道、映画鑑賞。

【活動】

  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】

「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンライン証券の公式Twitterをフォローいただくと、株式と為替のマーケットポイントがリアルタイムでご覧いただけます。

おすすめコンテンツ

アクセスランキング

あわせて読みたい

ご注意