岡三オンライン証券 OKASANONLINE SECURITIES

  • 岡三オンライン証券トップ 岡三オンライン証券トップ
  • 岡三ネットトレーダーシリーズトップ 岡三ネットトレーダーシリーズトップ

投資家スタイル ハンドルネーム 日の出る国の先物語さん

投資家スタイル
  • オプション
  • 岡三ネットトレーダープレミアム
  • 岡三ネットトレーダーモバイル
  • e-profit FX trader
学生から投資に触れ、米国でデイトレードを見聞した経験から「流動性、取引時間の長さ、レバレッジ」という適合性の良さを魅力に先物取引を開始しました。トレードツールの充実さシステム安定度が岡三オンラインの魅力です。

先物・オプションのお取引動機

学生時代より株式投資には大いに興味を持っていました。理科系でしたが、日経新聞を愛読し、経済関係の書籍なども多く読んでおりました。当時は株価戦後最高値を意識し、日本経済はバブルの頂点へ向けての突進が始まっていた時期であり、日経平均は急峻な右肩上がりの兆しを見せ始めていました。友人とも、もし、日経平均という銘柄があれば、誰もが大きく利益がだせるだる時代だと言い合っておりましたが、当時は指数デリバティブ取引が今のようには発達しておらず、現物株式構成で日経平均を構成するようなポートフォリオを組むことは学生の資力では現実的ではなく、将来の夢として漠然と考えているに過ぎませんでした。

その後、米国シリコンバレー地域での生活を経験し、当時勃興し始めていたインターネットを活用したデイトレードなども現地で見聞しました。今後の日本でのネット取引の可能性に大いに期待をもって90年代の後半に帰国し、本業の傍ら株式投資へのウエイトも徐々に増やしつつ、自社株オプションを中心に資産形成を実践しておりましたが、2年ほど前に起こったリーマンショックを契機に、銀行預金や年金などの他人任せな資金運用は、一層利益のないものになってきていることから、今後の資産形成、運用の主力のひとつとして始めたのが、先物・オプション取引です。

特に、日経225先物オプション取引は、その流動性が大きいことと、取引時間が長いこと、またレバレッジが大きいことが大きな魅力であると感じています。その流動性の大きさはネット取引でのデイトレードにたいへん適合性が高く、夜間取引時間も今年拡張されて、取引機会が就寝時間を除くほぼ全日得られるようになったことは、フルタイムで投資行動が行える立場としては、投資機会の増大に大いに役立っています。また、レバレッジが大きいことは、個人投資の立場では、慎重なリスク管理は常に必要ですが、資金の有効活用、投資効率の向上に直結しますので、他の金融商品ではなかなか得がたいメリットがあると感じています。

お取引スタイルについて

イブニング・セッションは、日中取引で形成したポジションを欧米の市場開場に伴う値動きに合わせ修正、調整したり、利益を確定したりするために活用しています。現在の日経平均先物は朝の寄り付きは米国CMEの戻りにさや寄せ、午前は上海の寄り付きに左右され、夕方は欧州の寄り付きに、また、夜はニューヨークの寄り付き動向に大きく影響されていますので、イブニングセッションも日中と変わらず、場中は随時値動きをコンピュータ画面上で把握するようにしています。

日中は、午前8時から9時の間にログインし、大証の取引時間中は、ほぼ、コンピュータ端末画面の前におり、他の業務と並行して、各新聞社や投資関連のWebページ閲覧を中心にニュースや株式情報を収集しながら、その日の値動きによりますが、午前午後、それぞれ2、3回から5,6回の頻度で取引を行っています。

利用している取引ツールはネットトレーダプレミアムで、外出時にはネットトレーダ・モバイル版を利用しています。また、日中取引中は耳からの情報も大いに活用すべく、ラジオ日経も流しています。為替の値動きをリアルタイムで把握するためには、e-profit FX traderを利用しています。

前引け後は、昼食休憩を取りながら、TVニュースを中心に情報収集をしています。大引け後はイブニングセッション開始まで他の仕事にあて、イブニングセッション開始直前から、また端末に向かいますが、午後六時ごろからは食事やプライベートタイムが主になるものの、アラート機能なども利用して値動きは随時把握し、また、無線LANを使ったネットブックなどの情報端末を活用し、トレードルーム以外でも日経平均先物や為替、海外指標、各種経済ニュースなどは、随時把握し、これはと思うときには指値注文を入れられるようにしています。
取引頻度としては、夜間2-3回ぐらいです。

先物・オプション取引サービスで他の投資家にオススメしたいこと

岡三オンライン証券の先物・オプション取引サービスについて、他社のサービスと比較して優れている点や便利だと思う点は、プラットフォームによく特化した取引ツールであるネットトレーダーの画面の充実や美しさ、操作性、反応性のよさです。

画面の色使いや、解像度がよく、奇をてらったような派手さもなく、毎日眺めていてもストレスを感じることがありません。マウスの動きや反応もスムーズで、光ファイバー接続の、常設トレード環境だけではなく、無線LAN経由のネットブック等でも問題なく使用できています。画面の見易さや、操作性や反応性の良さは、利用時間が長いツールだけに重要な点だと思います。今後、各社スマートフォンへの対応も進めばますます便利になることでしょう。

画面レイアウトや、チャートの設定、各種アラーム音の変更などが、環境設定でかなり自由にできるのも良い点です。毎日使うツールだけに、細かい点も好みや利用目的に合わせられる自由度が大きいことは、ツールとしての完成度の高さを感じる点だと思います。

また、特にオプションのトレードに役立つ機能としては、内容の充実した先物OPボードが挙げられます。これは、各権利行使価格での気配や、出来高、グリークス等が一覧表示されるもので、投資対象とすべき割安割高なオプションの検出や、各権利行使価格での売買動向を把握するのに、大変便利な情報と言えます。

なお、いつでも最安値というわけではありませんが、業界最安値水準の手数料や、低目の証拠金掛け目もオンライン投資家にとっては頼もしい点であると思います。

 

オススメの機能について通常のお取引の際に、どのような取引画面のレイアウトで誤使用されていますか。

画像
拡大して表示する

画面のレイアウトのキャプチャを添付しました。具体的な利用方法は、まず、中心となる当限の日経225先物の板を開き、画面の見やすいところに配置します。その横には、この先物の歩み値のウインドウを配置します。歩み値は、相場のブルベアや商いの増減をダイナミックな動きとして見るために常に重視しています。往年のティッカーさながらに、急騰急落時には流れるようにはでな動きを見せますので、見ていて飽きないものです。

そして通常、この先物5分足チャートを2日幅で並べて表示しています。寄り付きや引け後には日足に切り替えます。一目均衡表の表示にするときが多いですが、場況により、シンプルなローソク足のみにするときもあります。この他、取引を行っているか動きを見ているオプションの板を2-3枚同時に表示して、いつでも注文を入れられるようにしています。

また、かかせないのが、為替のチャートです。こちらは、通常、岡三オンライン証券のe-profit FX traderを利用しています。リアルタイム性が高く、先物が主導しているのか、為替が主導しているのかも、ほぼ、正しく判定できるように感じています。

利用して便利だと思った機能で、他の投資家に活用をお勧めしたい機能は、板上の各呼び値での出来高が板の左側にほぼリアルタイムで表示される機能です。これは、他社のサービスに比較しても、あまり見られない便利で優れた機能だと思います。各約定値での出来高が数量とともに棒グラフ状に表示されるため、その取引日のマーケットプロファイル的価格分布が他のツールを立ち上げたり、他のWebサイトを見に行く手間をかけずにその場で直接把握できます。プロファイルが正規分布状なのか、上値、下値にテールを残そうとしているのか、トレード中に動的に変化を把握できるのは、とても役立ちます。

また、画面に張り付いていられないときに、便利な機能が、ステップ注文機能です。相場ですのでシナリオどうりに行くとは限りませんが、先物でも売買の約定と同時に手仕舞いの指示を入れておけるのは、デイトレーディングでは便利な機能だと思います。その他、値動きが激しい時には、呼び値固定の機能は意思通りの指値発注を入れるために重要で、随時利用しています。

個人情報保護方針 | 投資勧誘方針 | 最良執行方針 | 重要事項の確認 | 本サイトのご利用にあたって | システム障害時の対応 | 商品リスク・手数料等重要事項

商号等 : 岡三オンライン証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第52号

加入協会 : 日本証券業協会日本証券業協会 金融先物取引業協会一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会