Q1.
信用取引は怖い?
A1.
怖くありません。

信用取引は、きちんと仕組みを理解してリスク管理を行えば、利益を得るチャンスを大きく広げることができる取引手法です。少ない資金で大きな取引ができることが強調されがちですが、相場下落時に保有株の損失を回避したり、株価変動の影響を最小限にして株主優待を得ることができるなど、損失を回避する手段として活用することができます。信用取引を正しく理解して、資産形成の便利な道具としてご活用ください。

Q2.
信用取引ってどんな取引?
A2.
収益機会の拡大と損失回避の手段として活用できる取引です。

信用取引は保有株や投資信託を担保として活用することで、口座に現金がなくても取引をすることができます。また、現物株と異なり「売り」からも取引を開始することができますので、株式相場が下落局面にあっても利益を狙うことができます。この信用取引の「売り」を活用することで株主優待などを目的として長期保有している株が短期的な下落局面を迎えた場合には損失を限定することもできます。少ない金額で大きな取引ができることも魅力の一つです。

Q3.
信用取引を活用すると?
A3.
株式相場の動きに左右されずに取引をすることができます。

信用取引は現物取引と異なり「買い」からも「売り」からも取引を始めることができるので、状況にあわせた取引をすることができます。株式相場が上昇基調の場合は「買い」、株式相場が下落基調であれば「売り」を活用することで、株式相場の流れに逆らわずに取引をすることができます。また、「売り」から取引を始められることで、株式相場の歪みを利用した裁定取引など、現物取引よりも投資戦略の幅が大きく広がります。

Q4.
信用取引の概要は?
A4.
現物取引とは異なりますので、取引ルール等でご確認ください。

当社取扱いの信用取引は制度信用取引となります。基本的な株式の売買方法は現物取引と変わりませんが、決済期日があり反対売買が必要となったり、決済方法も現金を別途用意して株を買い取る「現引」や、保有している株を引き渡して決済する「現渡」など、現物取引の取引概要とは異なる部分があります。取引ルールや商品概要をご覧いただき、制度内容をしっかりと理解したうえでお取引ください。

Copyright(c) Okasan Online Securities Co.,Ltd. All Rights Reserved.