先物・オプション アクティブ先物取引の概要

日経225先物・日経225mini アクティブ先物取引

「アクティブ先物取引」は、返済期限を新規建を行ったセッションに限定する代わりに、通常の先物取引の約50%(※)の証拠金で取引が行える資金効率の良いサービスです。
高レバレッジで、より大きな利益を狙うことが可能となり、日中も夜間も日経225先物取引をもっとアクティブに取引したいというお客さまの声をカタチにいたしました。
また、「アクティブ先物取引」では、ロスカットルールを採用しており、リアルタイムに証拠金余力を計算し、一定の基準を下回った場合に自動的に全ての建玉を決済するため、損失を一定の範囲に抑えるなど、相場急変時のリスク管理も可能です。

アクティブ先物取引のSPAN証拠金に対する掛目は50%以上とし、指数またはSPAN証拠金の変動状況に応じて当社の任意で変更します。

アクティブ先物取引概要

取扱銘柄

日経225先物、日経225 mini(メジャー限月の直近1限月)

  • 日経225先物: 直近1限月
  • 日経225mini: 3月・6月・9月・12月のうちの直近1限月

売買最終日の4営業日前から次のメジャー限月の取引が可能

SPAN証拠金
(掛目)

日中取引、ナイト・セッション取引:SPAN証拠金×50%~

アクティブ先物取引のSPAN証拠金に対する掛目は50%以上とし、指数またはSPAN証拠金の変動状況に応じて当社の任意で変更します。

返済期限

新規建を行ったセッションのレギュラー・セッション終了まで

建玉を次のセッションに繰越すことはできません。レギュラー・セッション終了時に未決済建玉がある場合、全ての注文を取消したうえ、クロージング・オークションで未決済建玉を強制決済します。また、全ての建玉が強制決済されない場合は、次のセッション以降に順次繰下げて強制決済します。

リアルタイム
ロスカット

ロスカット基準値:有効比率70%

レギュラー・セッション時において、有効比率(有効証拠金÷必要証拠金×100)がロスカット基準値を下回った場合、全ての注文を取消したうえ、全ての建玉を強制決済いたします。

ロスカットの判定は概ね10秒毎に行います。

ロスカット・アラート

ロスカット・アラート基準値:有効比率85%

ご登録いただいているメールアドレス宛にアラートメールを送信されます。

取引コース変更

変更要件および審査があります。

先物取引・オプション取引の注文および建玉がある場合、取引コース変更はできません。

その他

    アクティブ先物取引コースが適用されている場合も注文条件や有効期限条件の指定は可能ですが、注文を次のセッションに繰り越すことはできません。レギュラー・セッション終了時に注文が残っている場合は、プレ・クロージングですべて強制取消となります。

    アクティブ先物取引では、日経225オプションのお取扱いはありません。

    日中取引の終了時に建玉がある場合、SPAN証拠金に対する掛目は、100%が適用され、これを下回る場合には追加証拠金の差入が必要となります。

アクティブ先物取引の特長

手数料

アクティブ先物取引では通常手数料とは別の手数料体系。業界最低水準(※1)の手数料でデイトレードなどアクティブに取引する方に、より魅力的な取引環境をご提供します。

業界最低水準手数料!

対象商品 税抜(税込)
アクティブ先物取引 通常手数料
日経225先物 250円(270円) 300円(324円)
※取引数量に応じた割引あり
日経225mini 25円(27円) 40円(43円)

1枚あたりの手数料

  • (※1)2016年6月30日時点で、主要ネット証券5社(SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)が公表している最新の各社先物手数料との比較です。

レバレッジ/必要証拠金

アクティブ先物取引は、日中取引および夜間立会におけるSPAN証拠金に対する掛目を50%(※)とすることでレバレッジを効果的に活用した資金効率の良いお取引が可能です。

証拠金が約半分
※アクティブ先物取引の必要証拠金額は通常取引コースの約半分となります。

対象商品 アクティブ先物取引
(終日)
通常取引コース
(終日)
日経225先物 435,000円/枚 1,044,000円/枚
日経225mini 43,500円/枚 104,400円/枚

最新の必要証拠金はこちら

  • 1枚当たりの必要証拠金
  • 2016年6月30日時点(SPAN証拠金 870,000円)
  • アクティブ先物取引のSPAN証拠金に対する掛目は50%以上とし、指数またはSPAN証拠金の変動状況に応じて当社の任意で変更します。

返済期限

アクティブ先物取引は、新規建を行ったセッション(日中取引または夜間立会)のレギュラー・セッション終了までが返済期限です。
建玉を次のセッションに繰越すことはできません。レギュラー・セッション終了時に未決済建玉がある場合、すべての注文を取消したうえ、クロージング・オークション(日中立会の場合15:15、夜間立会の場合翌5:30)で未決済建玉を強制決済します。また、すべての建玉が強制決済されない場合は、次のセッション以降に順次繰下げて強制決済します。

  日中取引 夜間立会
プレ・オープニング 8:00~8:45 16:15~16:30
オープニング・セッション 8:45 16:30
レギュラー・セッション(ザラバ) 8:45~15:10 16:30~翌5:25
プレ・クロージング 15:10~15:15 翌5:25~翌5:30
クロージンク・オークション 15:15 翌5:30

プレ・オープニングおよびプレ・クロージングでは、注文の受付のみで取引は成立しません。

ロスカット/ロスカットアラート

アクティブ先物取引では、ロスカットルールを採用しており、リアルタイムに証拠金余力を計算し、一定の基準を下回った場合に自動的に全ての建玉を決済するため、損失を一定の範囲に抑えるなど、相場急変時のリスク管理が可能です。

安心のロスカット

  ロスカット基準値 ロスカット・アラート基準値
有効比率 70% 85%

有効比率(%)=有効証拠金÷必要証拠金×100

レギュラー・セッション時において、有効比率(有効証拠金÷発注必要証拠金×100)がロスカット基準値を下回った場合、すべての注文を取消したうえ、すべての建玉を強制決済させていただきます。
また、ロスカット・アラート基準値を下回った場合、ご登録いただいているメールアドレス宛にアラートメールが送信されます。

ロスカットの判定は概ね10秒毎に行います。

有効比率(通常時)

有効比率(通常時)

有効比率(ロスカット・アラート時)

有効比率(ロスカット・アラート時)

注意事項

  • アクティブ先物取引コースでは、日経225オプションのお取扱いはありません。
  • 取引コース変更のお申込後もお取引は可能ですが、取引コースの変更時点において、先物取引・オプション取引の注文および建玉が存在する場合はコース変更ができません。
  • 日中取引の終了時に建玉がある場合、SPAN証拠金に対する掛目は、100%が適用され、これを下回る場合には追加証拠金の差入が必要となります。
  • アクティブ先物取引コースにはボリュームディスカウント(優遇手数料)が適用されません。また、アクティブ先物取引コースでの取引は、ボリュームディスカウント(優遇手数料)の規定枚数の対象にはなりません。
  • アクティブ先物取引コースが適用されている場合も注文条件や有効期限条件の指定は可能ですが、注文を次のセッションに繰り越すことはできません。レギュラー・セッション終了時に注文が残っている場合は、プレ・クロージングですべて強制取消となります。また、レギュラー・セッション終了時に未決済建玉がある場合は、クロージング・オークションで未決済建玉が強制決済されます。

はじめての
先物・オプション

  • 日経平均「銘柄」騰落監視シートを作る 岡三RSSで何ができる? WEBセミナー
  • 日経225先物お客さま座談会
  • YEN蔵の日経225先物テクニカル分析講座
  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ