知識編/PBRの計算方法と株価判断の考え方

知識編/PBRの計算方法と株価判断の考え方

PBR(株価純資産倍率 price book-value ratio)の計算方法と、指標の見方について説明します。

PBRの計算方法と株価判断の考え方

PBRの計算式

PBR = 株価 ÷ 一株あたり純資産(=BPS) ※一株あたり純資産(=BPS)=純資産÷発行済み株式数

  • 純資産の数値に、連結純資産と単独(個別)純資産の数値を使う例が両方あります。連結の数値を使う例が増えていますが、どちらを使って判断するかは、株価で実践的に決めることが大事です。
  • 発行済み株式数の数値は、PERと同じく、期中の平均値もしくは期首期末平均の数値をとることがありますが、簡易的には期末の株式数を使います。

PBRが1倍になると、株価が、その会社が解散したときの価値と同値だということになり、理論上は、1倍を割ると株価は割安、と判断されやすくなります。ただし、その企業が今後赤字になる、あるいは、財務諸表に表れない含み損失がある、という場合はPBRが1倍を割っても割安ではない場合もあります。

  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ