知識編/PERの計算方法と株価判断の考え方

知識編/PERの計算方法と株価判断の考え方

株式投資をする上で、株価の水準が割高なのか割安なのかを見極めることは重要です。株価水準を判断するための指標にはさまざまなものがありますが、ここでは代表的な指標を紹介していきます。

PERの計算方法と株価判断の考え方

PERの計算式

PER = 株価 ÷ 一株あたり利益(=EPS) ※一株あたり利益=当期純利益÷発行済み株式数

  • EPS算定のときに使う当期純利益は、多くの場合、当期末の予想当期純利益を使います。予想当期純利益を使って算定したEPS、PERを、特に予想EPS、予想PERと呼ぶときもあります。
  • EPS算定時に使う発行済み株式数は、期中の平均株式数を使う場合があります。ただし、厳密な期中平均を出すのは計算が複雑になるので、通常は、期首期末の平均値をとるか、単純に、期末の発行済み株式数を使います。

PERは、主に同業種の企業間で比較し、割高割安を判断します。数値が高いほうが、割高、低いほうが割安と判断されます。全体的に、成長性の高い業種ではPERは高くなり、成長性の低い業種では、低くなります。
また、他の指標もあわせて考えるべきですが、一般的にはPERが高い銘柄は変動性が高く、低い銘柄は変動性が低いと言われます。

  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ