知識編/株価の割安割高を判断する代表的な指標

知識編/株価の割安割高を判断する代表的な指標

株式投資をする上で、株価の水準が割高なのか割安なのかを見極めることは重要です。株価水準を判断するための指標にはさまざまなものがありますが、ここでは代表的な指標を紹介していきます。

株価の割安割高を判定する代表的な指標とは?

最もポピュラーな指標に、PER、PBRがあります。

PER(株価収益率 price earning ratio)は、企業の利益(当期純利益)に着目して株価が高いか安いかを考えるものです。PERには、株価がその企業の一株あたり利益(EPS)の何倍しているか、という意味があります。利益が出ていて、成長性が議論される企業は、この指標に注目され、売買されます。

PBR(株価純資産倍率 price book-value ratio)は、企業の資産に、着目した指標です。株価が、一株当たり純資産(BPS)の何倍をつけているか、という意味です。PBRは、利益水準が低い、あるいは利益成長に不透明感がある企業の場合に、参考となる指標です。

指標 計算方法
PER(株価収益率) 株価と企業の収益力を比較することにより投資価値を判断する際に利用する指標。株価がその企業の一株あたり利益の何倍まで買われているのかを示す。
PBR(株価純資産倍率) 株価が企業の会計上の解散価値(株主資本)の何倍であるかを表す指標。
  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ