オプションの取引例

オプションの取引例

オプションの取引例

オプション取引を使うことで、相場環境に応じて現物取引ではできない様々な取引が可能です。保有する現物株やETFのヘッジに活用することもできます。また、オプションと先物を活用し、さらに多様な取引をすることもできます。

下記例については、代表的な日経225オプション取引で解説しており、手数料、税金等は考慮しておりません。また、当社でお取引いただく際には、別途現金証拠金が必要です。

オプション取引を活用 -リスクを抑えて値上がり益を追求する-

また日経225オプション取引を使い、損失を限定しながら利益を追求することも可能です。
コールオプションを購入することで、支払ったプレミアム分のリスクで値上がり益を追及することができます。

ケース1

権利行使価格14,000円のコール(14,000円で日経平均株価を買う権利)をプレミアム50円で購入したとする(投資資金50円×1,000単位=50,000円)

(1)その後日経平均株価が上昇し、プレミアム価格100円で売却した場合
(100円-50円)×1,000(単位)=+50,000円
の利益を得ることができます。

(2)その後日経平均株価が下落し、プレミアム価格0円でSQを迎えた場合
(0円-50円)×1,000(単位)=-50,000円

ケース2

権利行使価格14,000円のプット(14,000円で日経平均株価を売る権利)をプレミアム50円で購入したとする(投資資金50円×1,000単位=5万円)

(1)その後日経平均株価が下落し、プレミアム価格100円で売却した場合
(100円-50円)×1,000(単位)=+50,000円

(2)その後日経平均株価が上昇し、プレミアム価格0円でSQを迎えた場合
(0円-50円)×1,000(単位)=-50,000円

オプションを買った場合、損失額はプレミアム価格に限定されます。日経225オプション取引を活用することで、相場の上昇局面、下落局面にかかわらず損失を限定しながら利益を追求することが可能です。

オプション取引と先物を活用 -長期的な上昇相場を捉えつつ、目先の値下がりリスクを軽減する-

日経225先物を14,000円で1枚買建。その後株式市場の小幅に下落するであろうと予想し、権利行使価格14,500円のコールオプション500円を売建し、プレミアム収入500円で日経225先物の損失の一部を補おうと考えると、
【最大利益】コールオプション決済による受取りプレミアム分(500円)+先物利益
【最大損失】無限大(受取りプレミアム分(500円)-先物損失)
となります。

日経225先物を保有している状態、もしくは先物とオプションを同時に売買することで、オプションのポジション自体のリスクを無くし、先物のみの価格の下落リスクを取ります。この結果、先物の価格変動リスクを、コールを売建てることで得られるプレミアムで補う戦略となります。

  • 未成年者のNISA口座開設がスタート ※岡三アセットマネジメントのサイトへ移動します。

コールセンター

0120-503-239

携帯からは03-5646-7532

受付時間/月~金 8:00から17:00(年末年始および祝日を除く)

ページトップへ